2018年06月04日

❝想絶❞だった春の田んぼ作業。

しばらくぶりの更新となってしまいましたが。。
落ち着いて書く余裕がなかったのです(;´Д`)

今年も田植えは成功しましたよ🍂
4月から振り返ってみます。
001 18.04.17 001 耕耘後の田んぼ.jpg
4月17日。
田んぼの耕耘。
前回耕耘した時に、ひどく波打って凸凹になってしまっていた田んぼを平らにする方法が分かって、この日なんとか平らにすることが出来ました。
002 18.04.17 002 稲苗.jpg
その間にも稲苗は元気に育ってくれて🍂
003 18.04.19 002 肥料撒き.jpg
もう一か所の田んぼも耕耘したら、次は肥料撒きです。
トラクターに専用のアタッチメントを取りつけて、機械の力で撒き散らすわけです。
004 18.04.19 003 肥料.jpg
これが初期肥料。
まるで金魚用品の砂利のようで綺麗です(笑)
005 18.04.19 014 セグロセキレイ.jpg
その肥料を餌だと思ったのか、あるいはトラクターのエンジン音を聞きつけて飛んできたのか、セグロセキレイが。
006 18.04.19 020 水入れ.jpg
肥料撒きが終わったら、急いで水を引き入れてこの日の作業は終了。
最初は水が溜まるまでに大変な時間がかかるので、ポンプ回しっぱなしでひと晩。。
007 18.04.20 001 水入れ.jpg
朝にはなんとか代掻きが出来るくらいに溜まっていました。
いつも苦手な代掻きですが、上手くやるコツを動画投稿サイトで見つけて勉強しましたので、それでやってみました(^ω^)
008 18.04.20 002 代掻き後.jpg
こんな具合に仕上がれば上出来♪
耕耘の時に平らにする方法も覚えたから、それも大きいかもしれませんね。
もっと草が浮いてくるかと思っていたけど、それほどでもなかったです。
009 18.04.27 004 田植え成功.jpg
何日かおいて、雨上がりの午後、ここの場所だけでも田植えしてみました。
やっぱり曲がってしまいました(-.-)
が、あの余裕の無い中での作業にしては大成功です。

もう一か所の田んぼは、こんな簡単には事が進まなかったのです。。。
思い出すだけでも恐ろしいような、孤軍奮闘・孤立無援。壮絶な作業でした。
まず田んぼが凸凹過ぎて水が全体に全然回らない!
それが原因で代掻きが上手くいかなくて、トラクターに6時間も乗っていて、悲しくなるし頭がおかしくなるかと思いました(~_~;)
天気もあるし、田植えも迫っていて、何としてもその日のうちに終わらせなければいけなくてですね。
やっと、やっとのことでなんとかケリを付けたら、その後は泥まみれのトラクターの大掃除。そして通常のロータリー刃へとアタッチメント付け替え。
畔は作業中にトラクターで踏んだり、風化したままだったので低くなっていたりグチャグチャだったけど、この日はそれを直す余裕なんか無かった(;O;)
お昼を食べたのが15時半とかで、その後はうちの畑に夏野菜準備のマルチングシートを張ったりの作業で、「今日で死ぬのか?」と思ったくらいで。

そして4月27日。
友達が手伝ってくれて、その難しい方の田んぼの田植えをクリアしました。
豪快に曲がってしまったけど、米の味にも収穫にも関係無いから気にしない!
お昼までに終わったので、全部片づけてからゆっくりとイタリアンを食べに行って、夕方までゆっくりと。

これで終わりではなくて、この後は1人で毎日水の管理と、機械では上手くいかない隅っこの方を手植えしたり、平らに均したり、抜けているところがあれば間差し。
畔の補修もやりました。


田植えから一か月。。
010 18.05.29 001 田んぼ.jpg
こんなにしっかりしてきました。
が、重大な事態を目の当たりに!

草が恐ろしい勢いで生えてきているんです。
011 18.05.29 004 アルテマウェポン.jpg
待ったなしの事態なので、何か良いものが無いかとコメリに行ったら、こんな良さそうなアイテムを発見して即買い。
012 18.05.29 006 アルテマウェポン.jpg
この爪で草を根こそぎ持ち上げてしまえるのです。
側面は刃になっていて、掻くだけで柔らかい草は一掃出来ます。
013 18.05.29 003 田んぼの草.jpg
苦戦した方の田んぼはあまり草が生えないので、そっちに水を汲み入れている間に、草退治をしてます。
多いのはノビエという草。
見事に稲に擬態して目を欺こうと強かに生きている草です。

まだまだこんなもんじゃないんでね、無理の無いように作業してますよ。

とにかく壮絶だった。
想像を絶する。で、想絶な一か月半だった。
posted by 和希 at 21:38| 埼玉 ☔| Comment(2) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

猫と犬に助けられた夢。

昨夜の夢。

映像はカラーで明るいのに、結構怖かったです💦
日常の近辺に霊がいるらしく、それに接触するとマズいことだということが分かってきて、でも見えない。。

猫と犬が、ある一点を見つめていて、僕はそこには何も見えない。
気に留めることもなくそこを通ると、何者かに触れられる感触が(◎_◎;)
どうやら、そこに霊がいて、猫や犬にはそれが見えるんだ。
その霊は移動しないので、猫と犬の視線に注意を向けて、回避できるようになって救われた夢です。


もうひとつの夢は、家にいきなりR35GT-Rが置いてあって、乗ってみた夢です。
ハンドルの感触や内装は現実感があったけど、なんかあまり速くなかったかな。
夢の中って、速く動けないんですよね。
なんかネバネバしていて。
posted by 和希 at 21:01| 埼玉 ☔| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

三毳のカタクリ園に響くケーナ♪

3月のある日。

今年も佐野側の三毳のカタクリ園にて、スプリングフラワーフェスティバルが開催されて、行ってきました🚗
001 18.03.25 004 山道.jpg
今年は天候に恵まれて、晴れて良かったです☀
山道を歩くこと少し。
002 18.03.25 002 ミズバショウ.jpg
山の下の湿地帯には、ミズバショウが群生しているところがあります。
003 18.03.25 003 ミズバショウ.jpg
尾瀬のイメージが強いので、こんなところであっさりと出会えてしまうことに複雑な気持ちですね。
004 18.03.25 005 三毳の森.jpg
三毳の森。
自然のままの木々たちが良い感じです。
昔から変わらぬ時間が流れているような場所ですね。
005 18.03.25 019 カタクリの里案内図.jpg
カタクリ園が近づいてきました。
ここから登るとカタクリ園に行けます。
006 18.03.25 018 カタクリの里・野外音楽堂.jpg
振り返ると、野外音楽堂があります。
そう、カタクリを愛でるだけでなく、この日はケーナ奏者のRen先生の野外コンサートがあったのです♪
早めに着いたので、まだ人は疎ら。
少しカタクリ園を散策してくることに。
007 18.03.25 009 カタクリの里.jpg
遊歩道を登っていくと、間もなくこんなカタクリの群落に出会えます。
ツタの絡んだ岩が良い感じのアクセントになっています。
008 18.03.25 010 カタクリ群生.jpg
小人や妖精が住んでいそうな木の洞。
010 18.03.25 014 カタクリ群生.jpg
写真で見るより、実際は本当に綺麗でした✨
011 18.03.25 015 カタクリ.jpg
春の妖精に相応しいカタクリの花。
012 18.03.25 017 カタクリ.jpg
コンサートは、とても良かったですね(#^.^#)
風の楽器ケーナの音色が、三毳山の斜面を駆けあがって、カタクリの花たちも喜んでいたでしょう。
013 18.03.25 020 カタクリ.jpg
カタクリ‐風に想いをのせて‐ という曲が、本当にこの日 この会場にピッタリでした♪
佐野市の観光イメージ曲で、佐野市に頼まれてRen先生が作曲した曲です。
残りわずかというので、記念に買ってきました(^-^)
今年はケーナを習っているので、コンサートで聴くにしても身の入れようが違います。
こういう時、生徒だとなんか優越感がありますね(^O^)
013 18.03.25 020 三毳山案内図.jpg
この日はハイキングはしなかったけど、また今度はこちら側から三毳山を探検してみたいです。
posted by 和希 at 21:06| 埼玉 ☔| Comment(2) | イベント関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする