2016年02月28日

洞窟展。地下に広がる不思議な世界

この前の木曜日は、茨城県自然博物館にお出かけ車(セダン)
晴れて良かったです晴れ
16.02.25 一言主神社.jpg
まずは一言主神社に寄ってお参り(^人^)
方位除け祈願が効いていますので、その感謝もしながら、パワーを頂いてきました。

次はいよいよ、企画展を見に茨城県自然博物館へ。
16.02.25 洞窟展ほか 080 くすだま.jpg
20日に始まったばかりの企画展。
今回は洞窟探検、洞窟にフォーカスを当てた企画展です。
16.02.25 洞窟展ほか 010 探検の始まり.jpg
ここがその洞窟の入口なんですね。
セーブして(^ω^)
ポーションやエリクサーは充分か?!←
16.02.25 洞窟展ほか 015 鍾乳石.jpg
フロアに入ると、さっそく本物の石筍(スタラグマイト)がありました。
この横の壁に企画展のPV映像が映し出されていて、音楽が良かったのを憶えています。
16.02.25 洞窟展ほか 017 洞窟探検.jpg
最初に、この洞窟を探検するミッションです(^o^)丿
16.02.25 洞窟展ほか 018 洞窟サンゴ.jpg
暗くて狭い洞窟内を進むと、所々にお宝を発見できました。
もちろん見るだけですよ。
これは洞窟珊瑚(ケイブコーラル)。
珊瑚とありますが、鍾乳石の一種です。
16.02.25 洞窟展ほか 021 カルスト地形.jpg
洞窟の暗闇に射す光。
上を見上げると、地上が見える場所がありました。
そこにはカルスト地形の大地が広がっていました。
FF5の最初のダンジョンみたいに、ここがセーブポイントかな?笑
16.02.25 洞窟展ほか 022 コキクガシラコウモリ.jpg
暗闇に戻ってさらに進むと、コウモリが出てきました(*_*)
でもビビっていられないので、先に進みます。
16.02.25 洞窟展ほか 023 出口はもうすぐ.jpg
出口が近いようです!
16.02.25 洞窟展ほか 037 鍾乳洞模型.jpg
無事に(笑)暗闇の洞窟を抜けると、鍾乳洞の神殿に出ました。
もう地上とはだいぶ遠くなったようです。
16.02.25 洞窟展ほか 034 石膏.jpg
こんな立派な石膏が展示されていましたぴかぴか(新しい)
16.02.25 洞窟展ほか 033 岩塩.jpg
岩塩も、こんな大きくて美しい模様です。
16.02.25 洞窟展ほか 038 石灰岩.jpg
洞窟にはたくさんのお宝が眠っているようです。
ここには何種類かの石灰岩が。
16.02.25 洞窟展ほか 039 フズリナ化石.jpg
古生代石炭紀〜ペルム紀に反映した有孔虫の一種、フズリナの化石がたくさん詰まっているのを見ることが出来ましたサーチ(調べる)
ラグビーボールのような形をしていて、この丸い模様がその名残です。
16.02.25 洞窟展ほか 043 大理石.jpg
地下の高温高圧の環境にさらされると、石灰岩は結晶質になることがあって、それが大理石という名前で呼ばれている結晶質石灰岩です。
16.02.25 洞窟展ほか 044 大理石.jpg
良いですよね大理石。
僕の大好きな石のひとつですぴかぴか(新しい)
16.02.25 洞窟展ほか 052 鍾乳石.jpg
その先には、立派なつらら石(スタラクタイト)がありました('ω')ノ
これは触れる展示になっています。
採取禁止ですからね、鍾乳石に触れるのは貴重です。
1cm伸びるのに100年かかるという、、
数万年の時間が蓄積された石に触れて、不思議な感じがしました。
16.02.25 洞窟展ほか 056 石筍.jpg
天井やつらら石から滴る水滴で、上に伸びていくのが石筍です。
断面は思った以上にキラキラしていて、パワーがありそうな石ですね。
16.02.25 洞窟展ほか 064 コウモリ剥製.jpg
そこから先に進むと、洞窟の生き物が出てきました。
いきなりコウモリの大群に遭遇( ゚Д゚)
16.02.25 洞窟展ほか 066 コウモリ.jpg
大きなコウモリですね。
こうして見ると、イタチのような顔で、やっぱり哺乳類の仲間なんだと実感します(笑)
16.02.25 洞窟展ほか 067 6gのコウモリが1日に食べる蚊の数.jpg
小さいコウモリになると、体重わずか数グラムの個体がいるそうです。
飛び回るために多くのエネルギーが必要で、なおかつ体を軽くしておかなければいけないために、食べてはすぐ消化・排泄。
1日に食べるエサの量はかなりのもので、この6グラムのコウモリがひと晩に食べる蚊の数は500匹。
実に体重の1/3にもなります。
16.02.25 洞窟展ほか 068 コウモリの重さ体験.jpg
コウモリの実物大の絵と、軽さを体験できるぬいぐるみがありました。
1番軽い個体になると、2グラムのがいるそうです。
不思議ですね。同じ哺乳類なのに、こんなにも独自の進化をした種類がいるのが。
洞窟内のコウモリが餌を食べに飛び回るのは外の世界で、フンは洞窟内でするので、そのグアノと呼ばれるコウモリのフンを餌にする微生物やヤスデ・ムカデ・昆虫がいて、食物連鎖が成り立っているそうです。
16.02.25 洞窟展ほか 070 洞窟探検道具.jpg
リアルに洞窟内を探検するケイビングと呼ばれるスポーツがあるそうですね。
恐ろしそうなのと、楽しそうなのと。。
洞窟深くを探検した後、地上の光を見た時の喜びはどれほどのものでしょう。
16.02.25 洞窟展ほか 069 ロープワーク.jpg
山と同じく、洞窟でもロープワークは必須スキルですよね。
前に興味からやってみたけど、パッとは出来ない(^-^;)
16.02.25 洞窟展ほか 073 裂罅堆積物.jpg
裂罅堆積物。
地上の動物の化石がなぜ洞窟内に?
石灰岩地には、断層に沿って大小多数の竪穴などが作られます。
地上の動物がここに生きたまま落ちたり、死んでから堆積物ごと洞窟に運び込まれたりして堆積しています。
地上では酸性の土壌が広く分布しているため一般に動物の骨は分解されやすく、化石として残りにくいですが、鍾乳洞内では石灰岩から溶け出すカルシウム分によって、化石の保存に適した環境になっています。
16.02.25 洞窟展ほか 078 石灰岩の利用.jpg
日本は石灰洞が多く、石灰岩は日本国内で自給可能な貴重な資源です。
鉄を作る時に不純物を取り除くために使われたり、作物栽培、ガラス、紙、歯磨き粉などの生活用品にも使われるなど、大活躍です。
16.02.25 洞窟展ほか 079 石灰岩.jpg
この石灰岩は、結晶質になっている結晶質石灰岩ですね。
実際はもっとキラキラしていましたぴかぴか(新しい)
やっぱり良いですね大理石(^-^)
見ても良し、削って宝飾品にしても良し、資源でもある石。

洞窟について今まであまり考えたことなかったけど、今回の企画展で興味が湧いてきましたo(^-^)o
暗闇と静寂。
水滴の滴る音。。。
この瞬間にも洞窟では少しずつ少しずつ鍾乳石が成長しているんでしょう。

探検を終えてお腹も空いて、ミュージアムレストランでお昼にしましたレストラン
16.02.25 洞窟展ほか 084 企画展メニュー.jpg
ターメリックライスが美味しかったです♪
企画展の解説書を読んで復習しながらメモ

食後は、野外施設を散策することにスポーツ
16.02.25 洞窟展ほか 088 ツタの森.jpg
ツタの森の木々。
日差しも元気になってきて、緑も輝きを増したように感じます。
16.02.25 洞窟展ほか 093 満開の梅.jpg
花の谷では、梅が満開に咲いていましたぴかぴか(新しい)
風も穏やかで、良い香りが漂っていました。
16.02.25 洞窟展ほか 094 満開の梅.jpg
寒くなく、お花見には最高でした(^-^)
16.02.25 洞窟展ほか 096 芝生広場.jpg
この瞬間、この広場を独り占めしていましたヽ(^o^)丿
日常生活の雑音もほとんど無く、聞こえるのは鳥の声と風のそよぎと、遠くで聞こえる子どもたちの声。

僕の大切なパワースポットのひとつです。

洞窟展。6月12日までで期間たっぷり!
また何回も来てみようo(^-^)o
posted by 和希 at 10:34| Comment(2) | TrackBack(0) | お出掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

植物のパワーを頂きに♪

仕事の合間に、気分転換を兼ねてドライブしてきました車(セダン)
場所は、とちぎ花センター。
16.02.23 059 とちぎ花センター.jpg
しばらく来ていなかったので、とても気になっていたんです('ω')ノ
やっぱりここは気が良いですぴかぴか(新しい)
車から降りたら思いっきり深呼吸\(^-^)/
見事なビオラやパンジーの塔が立ちましたねグッド(上向き矢印)
乾かないように、チョロチョロと水が流れていました。
16.02.23 012 バラの剪定.jpg
バラが植え込まれているガーデンに大掛かりな手が加わって、柵や階段の手すりが新しくなっていました。
バラも強く剪定されてスッキリとぴかぴか(新しい)
こんなに切っちゃって大丈夫なんですね(=゚ω゚)ノ
16.02.23 018 温室のビオラ.jpg
階段を登ったところにある温室の中に入ると、ここにも可愛らしい花がたくさん飾られていました。
とても良い香りがしていると思ったら、、
16.02.23 016 ジャスミン.jpg
羽衣ジャスミンが咲いていましたぴかぴか(新しい)
僕にとっては、優しい思い出のような懐かしい香りです(*´ω`*)
どんな形容詞を並べても表現しきれない美香ですね。
16.02.23 020 鑑賞大花壇展望.jpg
とても嬉しい気分になって癒されて、温室から出て花壇を眺望してみます。
パンジーが色分けされてたくさん植えられています。
この寒さに負けずに綺麗な花を咲かせ続けている生命力に感動ぴかぴか(新しい)
思い切って来て良かった(^o^)/

その後は、大温室の中へ。
16.02.23 058 春のフラワーアレンジ展.jpg
春のフラワーアレンジ展が開催されています。
こんな生花のアーチで迎えてくれます。
とても歓迎されているようで嬉しくなりますね(#^^#)
16.02.23 056 フラワーアレンジ.jpg
こんな豪華なフラワーアレンジがexclamation×2
VIP気分ですね(≧▽≦)
16.02.23 039 リッチなフラワーアレンジ.jpg
この時、他に人がいなかったので、いかにも僕のために用意してくれたような超歓迎ムードの気分に浸っていました(^ω^)
生花なので良い香りに包まれていましたし、アンチェインド・メロディーとか流れていて、かなりイイ感じの雰囲気でしたよるんるん
これでシャンパンでも出てくれば最高なんですが←

妄想でもいいから、自分を高めるイメージング大事ですね(*´▽`*)
かなり癒されて満たされましたぴかぴか(新しい)

この企画展は2月28日までだそうです。
posted by 和希 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お出掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

遠方の友達が誕生日祝いに☆

るんるん先日、遠方の友達が遊びに来てくれました新幹線
去年の秋以来ですが、僕がなかなか行けなくて申し訳ないのですが(笑)
お昼過ぎに駅に迎えに行って、そのまま加須のうどんを食べに行きました。
P2080721 脩兵衛のうどん.jpg
久下の 脩兵衛 さん。
僕も初めて行ったんですが、これが大正解で とても美味しいうどんでした(^-^)
友達も、これは加須だけじゃなく、うちの方の地元の人も大好きな味だと喜んでいました♪
味は少し濃い気がしたんですが、満足感がありましたグッド(上向き矢印)

それから加須を少し案内したりして、
うちの仕事場に案内して、石のこととか神秘のこと、不思議な話とか色々して、時間はあっという間に過ぎて行きました喫茶店
P2110724 幸丸くんグッズ.jpg
なんと、
まさかの、上田のゆるキャラ 真田幸丸くんのグッズを頂きましたexclamation×2
タオル、早速テニスレッスンに持って行って注目を浴びました(^ω^)
ちょうどラケットのガットが赤だから、黒の塗料で六文銭に見えるような塗装をしてしまおうか←
P2110730 カシパンの化石.jpg
石の話に戻って、
古代のウニの化石を頂きました。
図鑑を見たら、これはカシパンというウニの仲間というか先祖なんでしょうか?
ヒトデとウニは、同じ仲間のようですね。
P2110728 カシパンの化石.jpg
裏側を見てみると、管足の跡と思われる点々が無数に付いています。
それにしても、何億年も前にこの地球で生きていた生物が化石となって、こうして手で触れているというのが、何とも不思議でロマンチックですね(´▽`*)
6550万年前の巨大隕石の衝突でも壊れずに溶けずにこうして時空を超えたんですね。
P2110738 ストロマトライト.jpg
それより更に更に古い生物であるストロマトライトのブレスレットも頂いてしまいましたぴかぴか(新しい)
ヘマタイトとジャスパーに置換されてかなり硬い石になっていますが、
ストロマトライトは地球に酸素をもたらしたと言われているシアノバクテリア(ラン藻類)の作る構造です。
そのためか、心の中にかなりどっしりとしたベースを作ってくれる感じがします。
それも12mm玉ともなれば。。
P2120748 誕生日.jpg
誕生日の夜は、その友達に頂いた美味しいワインを開けて、
アメジストのブレスレットと共に、水瓶座の本を読んで幸せな気持ちに浸りましたバー水瓶座
僕は太陽星座も月星座も水瓶座ですからね(^ω^)
性質は、書いてあることほとんどそのままです(爆)

今年もありがたい誕生日プレゼントを沢山頂いて、感謝していますm(__)m

そう。誕生日は誕生日であって、歳をもらうのは正月ですから。
それも旧正月でw
posted by 和希 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする