2016年09月27日

「いや。オレは行かない。」 意志を持った台風その弐

久々の更新となってしまいましたがφ(..)

10号に続き、意志を持った台風がまたありましたね〜。
台風16号。
2016年台風16号.jpg
何を思ったのか、愛知県の辺りで一気に南に方向転換

16号「いや。オレは行かない。」
17号「行かないか… まったくズボラなヤツだよな…。おまえ いったいなんのために造られたんだろうな。」
16号「言ったはずだ。孫悟空を倒すためだと。」

ずいぶんと暴れまわったようですけど、首都圏には悟空が居なくて、悟飯がいることに気付いて急にやさしくなったんでしょうね(´・ω・)

今年は17号と18号がタッグを組むことは無かったですね。
でも毎日雨や曇りばっかりでウンザリ(ーー;)
今年の乙女は相当ご機嫌斜めだったようですね♍

天秤の月が始まり、風が変わったのを感じました♎
太陽と木星が天秤宮にてコンジャンクションになっています☼♃
今日見ている太陽。そのすぐそばに木星が位置しています。
庭のキンモクセイも開花。
少しずつ、遅れていた秋の気配が感じられるようになってきました(^-^)
posted by 和希 at 12:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | 自然現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

植物三昧でプチ冒険もヽ(^。^)ノ

渡良瀬遊水地の植物観察会に参加した後日、とちぎ花センターへ行ってきました
001 16.09.15 とちぎ花センター他 002 ヘビウリ.jpg
夏に緑色だったヘビウリの実は、真っ赤なグロテスクな実に変わっていましたΣ(・ω・ノ)ノ!
独特の生臭さがあるようですが、この時は分からなかったかな。。
002 16.09.15 とちぎ花センター他 058 秋のガーデニング展.jpg
今回も大温室の中に入ってみます。
秋のガーデニング展といって、テーマ別に庭作りのアイディアが展示されていました。
003 16.09.15 とちぎ花センター他 010 和風庭園.jpg
和風庭園の展示が綺麗でした。
004 16.09.15 とちぎ花センター他 025 パッションフルーツ.jpg
大温室の中。滝があるあたりのパッションフルーツです。
花から実へ変わる途中の姿が見れました。
熟した実は真っ赤です。
005 16.09.15 とちぎ花センター他 021 トカゲ.jpg
岩陰からトカゲのような生き物が出てきました。
パッションフルーツを食べているわけじゃなく、昆虫食の生き物だと思いましたが。。
006 16.09.15 とちぎ花センター他 029 大温室内.jpg
湿気をたっぷり含んだ空気が、土や植物の匂いを際立たせていました。
熱帯雨林の植生を再現していても、熱帯地方の厄介な虫や蚊がいないのは助かります(笑)
砂漠の部屋も抜けて、第二企画展フロアに出ると、ビザールプランツ展というのが開催されていました。
不思議で奇天烈な植物たちです。
008 16.09.15 とちぎ花センター他 037 エアプランツ.jpg
こういったオシャレなエアプランツからはじまり、
009 16.09.15 とちぎ花センター他 038 ひこうき草.jpg
ひこうき草という、葉っぱの形が独特な植物。
初めて見ました('◇')ゞ
葉が生長すると、飛んでいってしまいそうな躍動感が感じられます。
010 16.09.15 とちぎ花センター他 042 ドラゴンボール.jpg
なんと!
ドラゴンボールという植物\(◎o◎)/!
大木に育てた後、花が咲くとドラゴンボールが実るそうです(え)
011 16.09.15 とちぎ花センター他 043 舞乙女.jpg
舞乙女という名前にはとても似つかわしくない奇怪な植物。
先端に目があって、細い触手も伸びていますね。
うねうね動きそうです。
FF3に出てくるモンスター、アズリエルとかハニエルを連想します(*_*)
012 16.09.15 とちぎ花センター他 049 くるくるミラクル.jpg
葉や茎がぐるぐる巻いている植物も🌀
葉の渦巻きが黄金比率になっているものもあるようです。
フィボナッチ数列!
この他にも色んな珍奇な植物が展示されていて面白かったです(^o^)丿
死臭がする花が咲くサボテンの仲間もありましたが、まだ花が咲いていなくて良かったです(爆)
蕾は出来ていたんで、危なかったですww
013 16.09.15 とちぎ花センター他 059 ランチのオムライス.jpg
お腹もいい具合に空いてきて、園内の食堂・とちはなカフェでランチに🍴
この日の日替わりメニューはオムライスでした(^O^)
野菜も新鮮で、ボリュームもたっぷりでとても美味しかったです♪
これで700円とは良心的(感謝!)
014 16.09.15 とちぎ花センター他 060 綺麗な植物.jpg
食後は、外を少し散策しました👣
ローズガーデンの足元に、名前は分からないけど綺麗な植物が花を付けていました。
秋のバラも色々咲いていましたね🌹
みかも山のハイキングコースも気になったんですが、この日は装備不足と知識不足だったので踏み込まず。
秋はスズメバチをはじめとした強力なモンスターがうようよしています(*_*)

帰りに、再びハートランド(渡良瀬遊水地)へ。
015 16.09.15 渡良瀬冒険 062 北エントランス.jpg
北エントランスからの眺めです。
伸びきった夏草。吹き上げてくる風が、草の匂いとともにたっぷりの湿気を運んできました。
土手の斜面には、セイバンモロコシの夥しい群落。
子供広場の駐車場に着いたら身支度をして、前回の植物観察会では行かなかったエリアへ行ってみようと思います。
016 16.09.15 渡良瀬冒険 064 グリーンモンスター.jpg
子供広場にいてもひときわ目立つグリーンモンスター。
かつての塚の上に生えていた木々に、つる性植物が絡みついたものです。
怪獣でもいるような迫力ですww
017 16.09.15 渡良瀬冒険 070 冒険道.jpg
ここが旧谷中村遺跡保全ゾーンへ続く冒険道のひとつです。
3つある中で、もしかしたら一番難易度が高いかも?
歩き始めると、草の壁で視界はかなり奪われます。
018 16.09.15 渡良瀬冒険 073 冒険道.jpg
間もなく、この先がかなりヤバそうな気分にさせられる関門に来ます。
まるで異界へと繋がる何かの結界のような。
ハートランド(渡良瀬遊水地)未経験者・初心者は、ここで引き返すのをオススメしますw
019 16.09.15 渡良瀬冒険 072 サクラタデ.jpg
足元に目を配ると、こんなところにも可憐な草花が咲いています。
これは観察会でも見たサクラタデ🌸
020 16.09.15 渡良瀬冒険 077 センニンソウ.jpg
これはセンニンソウ。
野生のクレマチスなんだそうです。
驚いたことに、藪の中からは沢山の鈴虫の鳴き声が聞こえてくるんです。
まさか霊的なものに惑わされているんじゃないだろうな、と最初は半信半疑でしたが←
021 16.09.15 渡良瀬冒険 082 分岐点.jpg
かなり歩いたところで、こんな分岐点に突き当たります。
草が伸びて分かりづらくなっていました。
左に行けば、旧谷中村役場跡に出る道へ。
でも今回はわざわざ遠いルートの右に行ってみることに。
022 16.09.15 渡良瀬冒険 085 ワタラセツリフネソウ.jpg
今度の道は、さらに草が伸びていて歩きづらかったです💦
おまけにモンスターが多数出現する!
飛び交うスズメバチ。
足元にも出現するので気が抜けません(*_*;
そんな中、所どころにワタラセツリフネソウの群落があって勇気づけられました
023 16.09.15 渡良瀬冒険 086 冒険道.jpg
視界が少し開けてくると、谷中湖脇の道路に出る道があって、いったん上がりました。
さっきまで背丈を超える草に埋もれて、別の世界に迷い込んでしまったような不安感がありましたからね。
この安堵感は、やってみないと分かりません(笑)
024 16.09.15 渡良瀬冒険 090 静かな湖畔.jpg
谷中湖は、静かな空気に包まれていました。
藪から脱出して、まるでオアシスを見つけた気分になっても、この水は飲まない方が良いと思われます←
025 16.09.15 渡良瀬冒険 091 冒険道.jpg
ハート形の谷中湖の右上を左回りに少し歩くと、また冒険道が現れました。
このワクワク感は何だろうo(^-^)o
降りてみると、かつての村のお寺の跡に繋がっています。
026 16.09.15 渡良瀬冒険 092 延命院跡.jpg
墓石が点在し、鐘がありました。
水晶ペンダントを装備していたからか、特に霊気は感じなかったです。
この周りにもたくさんのヒガンバナが咲いていました。
道を進んでいくと、間もなく子供広場に出ます。
実は最初に入っていった冒険道は、すぐ隣にあるのです。
お寺跡へ続く道は、子供広場から見た入り口に案内看板が建っているから分かるでしょう。
初心者は、案内看板の無い冒険道には入っていかないように(^ω^)
どうしても冒険したいのだったら、ヨシ焼き成功後1ヵ月以内の視界抜群の時に歩いて覚えるのをオススメします。
まともに歩くと1時間くらいはかかるかな…。

繰り返しますが、
初心者や初めて来た人は、今回僕がやった冒険は真似しないように(笑)
posted by 和希 at 13:17| 埼玉 ☔| Comment(0) | 植物,樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

2016年 9月の渡良瀬植物観察会🍂

久しぶりに、渡良瀬遊水地の植物観察会に参加してきました。
かれこれ、もう1年ぶりくらいになるかも知れないです(^-^;)
001 16.09.14 植物観察会 025 コブシの実.jpg
子供広場に集合して、まずはコブシの木の説明がありました。
やはり秋が近づいているんですね。
独特の実がぶら下がっているのが見えました。
002 16.09.14 植物観察会 001 こぶしの実と種.jpg
握りこぶしのような実を開いてみると、独特な芳香と共にオレンジ色の実が出てきます。
これをさらに剥いてみると、黒い種がありました。
この実は鳥が好きで、よく食べにくるそうです。
003 16.09.14 植物観察会 010 ワタラセツリフネソウ.jpg
続いて案内されたのは、駐車場横の荒れ地。
知らないと見向きもしない場所のようですが、ここにワタラセツリフネソウの群落があります。
004 16.09.14 植物観察会 009 ワタラセツリフネソウ.jpg
近づいてみるとこの通り、面白い形の花が咲いています
ツリフネソウという植物は普通に野山にありますが、これは別種なんだそうです。
005 16.09.14 植物観察会 013 イシミカワ.jpg
藪の中。ワタラセツリフネソウに混じって、イシミカワも沢山ありました。
タデ科の植物で、茎にびっしりと硬いトゲがあって、うっかり触るとダメージを喰らいますw
006 16.09.14 植物観察会 015 ノブドウの花.jpg
野生のブドウ。ノブドウもあちこちにあって花を咲かせています。
開花して間もなく花弁が落ちてしまうそうで、花を見つけるのは難しいです
花の蜜を目当てに、スズメバチが盛んにやってきてました。
007 16.09.14 植物観察会 021 ノブドウ.jpg
実を付けている株もありました。
でもまだ熟してはいないですね。
008 16.09.14 植物観察会 018 梶の木.jpg
谷中湖のコンクリート護岸を突き破って大木に育った植物が沢山あります。
これはカジノキというそうです。
青い方が熟す前の実で、熟すと果肉の付いた種が実を突き破って出てくるそうです。
クワ科の植物で、なんとなくそれっぽい感じもしますね。
009 16.09.14 植物観察会 026 ヒメクグ.jpg
再び広場の方に戻って、芝生広場を歩いていると、どこからともなく微かな甘い香りが。。
香りの元は足元の目立たない草。ヒメクグです。
カヤツリグサの仲間だからか、香りを持っていて、毟るとキンモクセイの花のような芳香を漂わせます。
010 16.09.14 植物観察会 029 スズメウリ.jpg
旧谷中村役場跡の方に歩いて行くと、藪の中にスズメウリの花を見つけました。
小さな星形の花で可愛かったです☆
ナイスネーミング
011 16.09.14 植物観察会 031 ツルマメ.jpg
藪の中のヨシやオギなどに絡みついて倒す勢いのツルマメ。
大豆の原種だそうですね。
食べても問題は無いそうですが、相当な量を取らなければお腹にたまらないですね(爆)
012 16.09.14 植物観察会 040 冒険道.jpg
旧谷中村役場跡の脇を通るとこんな冒険道が現れますが、観察会では少ししか入りません。
013 16.09.14 植物観察会 042 ヒガンバナ.jpg
道の脇には、ヒガンバナがポツポツと咲いていました。
派手に見えても何となく陰気な感じがしますね。
球根は猛毒ですし。
014 16.09.14 植物観察会 038 サクラタデ.jpg
湿気も多く、おびただしい数の蚊がブンブンしていて、決して快適な気分じゃなかったけど、サクラタデの花を見たら気分が変わりました。
小さな桜の花のようで、これは綺麗です
015 16.09.14 植物観察会 043 マイヅルテンナンショウ.jpg
奥に進むほどに蚊の数が多くなってきて、頑張って写真に撮ったマイヅルテンナンショウ。
コンニャク芋の仲間です。
初夏に不思議な花を咲かせて、これは実が熟している途中ですね。
そのうちこの緑のイボイボが赤に変わります。
花といい実といい、決して気持ちの良い感じのするものじゃありません
016 16.09.14 植物観察会 045 イノコヅチ.jpg
今回も変わった花が多かったですが、このイノコヅチも不思議な花ですね。
これで満開に花が咲いている状態だそうです。
こんな緑の花で虫にアピール出来るんでしょうかね??
秋が深まると、服やズボンにくっ付いて始末が悪いあの小さな種を付ける植物です。

高い湿気と蚊の大群に気分をやられましたが、久しぶりに参加出来て良かったです(^-^)
そして冒険心が刺激されてしまったので、後日、単独冒険を敢行してしまうことに…?
posted by 和希 at 21:18| 埼玉 ☔| Comment(0) | 渡良瀬遊水地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする