2017年02月26日

アンモナイト・ワールド🐚

この前の木曜日は、いつもの茨城方面こコースへお出かけ
はじめに一言主神社に寄ってお参りしていきます(^人^)
001 17.02.23 アンモナイト展 001 霧雨煙る境内.jpg
到着すると、駐車場には車が他に無く、
霧雨煙る境内にただひとり。
002 17.02.23 アンモナイト展 006 霧雨煙る境内.jpg
おかげで、じっくりと丁寧にお参りすることが出来ました(^-^)
003 17.02.23 アンモナイト展 010 霧雨煙る境内.jpg
本殿裏にまわり、稲荷社にもお参り。
木々の周りを、神気が包んでいる感じがしました。
004 17.02.23 アンモナイト展 007 御神水から湯気.jpg
御神水は微かに温かく、湯気が立っていました。
005 17.02.23 アンモナイト展 015 霧雨煙る境内.jpg
境内には何本も杉の木がありますが、僕はもう杉の花粉とは戦わない和平協定を結んでいるので、むしろ積極的に杉の木に触れて絆を深めてきました。
おかげさまで、毎年どんどんアレルギー反応が起きなくなってますよ(^ω^)

この日おみくじを引いたら中吉でした。
安心しましたよ(・∀・)
前回、前々回と、2回連続で大吉を引いていて、それしか入ってないんじゃないかと疑ってたので(笑)

気持ちを入れ替えたところで、お次は茨城県自然博物館へ。
006 17.02.23 アンモナイト展 018 くすだま.jpg
新しい企画展。アンモナイト展が始まったばかりです
これはとても楽しみにしていました(≧▽≦)
007 17.02.23 アンモナイト展 022 入口.jpg
売店で解説書を買って、さっそく企画展示室へ。
絵も良いですね。
魚座宮(双魚の月)が始まったばかりですが、その雰囲気にも合うような企画展です🐟🐚
008 17.02.23 アンモナイト展 025 アンモナイトの壁.jpg
入り口を潜って海底へ。
まず迎えてくれたのは、なんと世界最大のアンモナイト!
その直径。実に2mにもなります\(◎o◎)/!
010 17.02.23 アンモナイト展 041 首長竜.jpg
展示は古生代の海から始まります。
古代の貝化石や首長竜の骨格標本があって、ワクワクが始まりますo(^-^)o
011 17.02.23 アンモナイト展 040 マリンセメタリー.jpg
マリンセメタリー。海底の墓場を再現した展示です。
大型アンモナイトなどの大型生物が海流の絶えない海底で死ぬと、窪みが出来たりしてそこに吹き溜まるようにどんどん貝などの死骸が集まってきて形成されたようです。
それにしても独特の光景ですね。
012 17.02.23 アンモナイト展 054 日本のアンモナイト.jpg
日本からも多くのアンモナイトが見つかるようです。
特に多いのは北海道。
013 17.02.23 アンモナイト展 049 キャナドセラス.jpg
触れる展示がありました。
化石となって、今は石ですが、かつてこういう貝が海を泳いでいたんですねぇ。
それにこうして触れているのも不思議な気持ちです・
014 17.02.23 アンモナイト展 055 アンモナイト化石.jpg
ここからは化石の展示が多くなってきます。
016 17.02.23 アンモナイト展 094 ゴニオクリメニア.jpg
お皿や飾り物になりそうな、味のある模様のアンモナイト化石。
017 17.02.23 アンモナイト展 061 アステロセラス.jpg
これはまるで高級大理石のような色合いのアンモナイトですね
驚くのはこれからで、、
018 17.02.23 アンモナイト展 066 北アメリカ編.jpg
北アメリカ編では、展示ケースの中でキラキラするものが見えますよ?
019 17.02.23 アンモナイト展 070 アンモライト.jpg
おおっ!これはまさかのアンモライトじゃないですか\(◎o◎)/!
極めて保存状態の良いアンモナイトだけが、その真珠層を保存して宝石になれるという。。
020 17.02.23 アンモナイト展 071 アンモライトアクセサリー.jpg
正式に宝石としての価値が認められているアンモライト。
驚くなかれ、その産出量はダイヤモンドの1万分の1
ダイヤの1/10,000しか取れないなんて(゜-゜)
ここの展示は、ケース越しに舐めるように見ました(爆)
ペンダントが、星形のキラキラが見えるカットがされているのがたまりません
で、このアクセサリーっておいくらですか?←
何百万、あるいは億レベル??
021 17.02.23 アンモナイト展 076 ターンテーブル内のアンモライト.jpg
円筒のターンテーブルの中にもアンモライトがあって、キラキラを誇示しています
022 17.02.23 アンモナイト展 080 オウムガイ.jpg
水槽の中にいたのはまさかのアンモナイト…じゃなくてオウムガイですか🐚
023 17.02.23 アンモナイト展 085 アンモナイトとオウムガイ.jpg
かつて生息していたアンモナイト。
異なっている部分もありますが、今の時代でも生きているオウムガイに似ている部分が多いようで、研究の参考になっているようです。
巻貝のように見えるかも知れませんが、これらは頭足類という貝の仲間です。
意外なようですが、イカやタコと同じ仲間です。
024 17.02.23 アンモナイト展 086 触り比べ.jpg
アンモナイトとオウムガイ。
両者とも同じ時代に生きていたので、こんなペアの化石も見つかるそうです。
アンモナイト化石とオウムガイ化石の触り比べ(^ω^)
025 17.02.23 アンモナイト展 092 異常巻きアンモナイト.jpg
キレイな渦巻きのアンモナイトのイメージですが、異常巻きアンモナイトという、とても不思議な個体も🌀
これはディディモセラスという仲間。
なんか嫌ですね(笑)
もし海でこんな貝を見つけてしまったら、すぐに退避するでしょう(~_~;)
026 17.02.23 アンモナイト展 095 異常巻きアンモナイト.jpg
これはまたずいぶんとぶっ飛んでますね💨
どんなわけがあってこういう個体が出来たのか知りませんが、泳ぎにくいだろうにw
027 17.02.23 アンモナイト展 101 アンモナイトの絶滅.jpg
古代の海で、何度かの生物大量絶滅をなんとか乗り越えながら生き抜いてきたアンモナイトも、約6,600万年前の巨大隕石の落下がトドメになり地球上から姿を消しました。
一方のオウムガイは、アンモナイトとは卵の産み方が異なっていたために生き残ったのかも知れません。
多くの卵で小さい弱い幼生をばらまくか、少ない卵で確実に稚貝を育てるか。
植物でも同じような戦略が繰り広げられていますね。

今回の企画展も、かなり内容が濃いです(≧▽≦)
こりゃ何回も来ないと理解出来ないかも。

古代の海から上がって、お昼にすることに。
028 17.02.23 アンモナイト展 102 企画メニュー.jpg
ミュージアムレストランの企画メニューを見ると、なかなか良さそうなお料理です。
迷わず注文!
029 17.02.23 アンモナイト展 103 企画メニュー.jpg
鶏肉がサクサクの食感で、あんかけだれもサッパリしてとても美味しかったです(o^^o)
3年前の茨城風土記の企画メニューを思い出しました。
企画展の間だけの限定にするのはもったいないですね。
常設のメニューにして欲しいくらいです。

霧雨も止んで、薄っすら晴れ間が出てきました。
食後は、野外施設の散策へ。
030 17.02.23 アンモナイト展 105 屋上から.jpg
せっかくなので屋上に上ってみます。
やっぱり気持ちが良いものですね\(^-^)/
菅生沼の橋は工事中で今は通ることが出来ません。
031 17.02.23 アンモナイト展 107 梅.jpg
下に降りて、花の谷や古代の広場を抜けて。
梅が楚々と咲いています🌺
032 17.02.23 アンモナイト展 110 福寿草.jpg
足元の落ち葉の中からは福寿草が
春が近づいていますね(#^^#)
033 17.02.23 アンモナイト展 112 森.jpg
ドングリの森に入ってみたくなって。
034 17.02.23 アンモナイト展 114 森.jpg
聞こえるのは、風で揺れる木々の葉の音や、鳥のさえずりだけ。。
035 17.02.23 アンモナイト展 117 森.jpg
とても落ち着きますね。
本来、人間は森の中にいたはず。
036 17.02.23 アンモナイト展 118 森.jpg
文明が全て滅びて、再び緑に覆われた地上に戻るのはいつになるのか…。
そんなことを考えながら森の中をゆっくり歩きました。

帰りの道路は少し混んでいたけど、無事に帰宅🏠
037 17.02.23 アンモナイト展 119 四放サンゴ.jpg
ミュージアムショップで、こんなものを買ってきました(^o^)丿
まるでイモムシみたいだけど、四放サンゴの化石です。
何億年も前に海の中で生きていた生物の化石を今こうして触っているというロマン

次はアンモライト宝石を買おうか〜ヽ(^。^)ノ
posted by 和希 at 15:33| 埼玉 ☔| Comment(2) | お出掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

初!三毳山冒険☆

一昨日の木曜日は、朝いちで確定申告書類を提出に行って確定申告を終わらせて、
家の雑用も済ませてお昼を食べたら、とちぎ花センターのある三毳山へ冒険に行ってきましたo(^-^)o
風もおさまり、午後から良い感じに暖かくなって、最高のハイキング日和となりました
今回の一番の目的は、三毳神社への参拝です。
001 17.02.16 みかも山冒険他 001 東山道。冒険の始まり.jpg
とちぎ花センターのスタッフの方に三毳山のハイキングマップをもらい、
前々から気になっていた、東口広場ととちぎ花センターの境目くらいにある、東山道から行ってみることに。
マムシに注意とか看板がありますが、今の時期なら大丈夫でしょう。たぶん?
002 17.02.16 みかも山冒険他 003 階段.jpg
落ち葉に覆われたなだらかな散策路を往くと、間もなく階段が見えてきました。
出会った老夫婦のハイカーに話を聞いて、三毳神社は左だと教えてもらい、木道を往くと少しして舗装路に出ました。
003 17.02.16 みかも山冒険他 004 あずま屋.jpg
野草の園 という場所でしょうか?
あずま屋がありました。
004 17.02.16 みかも山冒険他 006 ハイキングコース.jpg
ここから舗装路(アジサイの路)を行ってみます。
所どころに山に入る階段があったので、ちょっと不安だったけど踏み込んでみることに(^-^;)
005 17.02.16 みかも山冒険他 009 階段.jpg
これが結構しんどい階段とはこの時は思いもしなかった。。
006 17.02.16 みかも山冒険他 012 階段.jpg
他にハイカーはいなく、鳥の声や風の音がかすかにするくらいで、ひたすら孤独に階段を登っていきます。。
区切りが見えてきました!
007 17.02.16 みかも山冒険他 015 遊歩道.jpg
頂上ではないけど、かなり上に登ってきたようです。
ここからは、少しの間なだらかな山道です。
軽く岩場があったりして油断は禁物ですが、ここまで来れば間もなく小ピークの中岳山頂です。
009 17.02.16 みかも山冒険他 018 中岳山頂.jpg
標高210m
山と呼ぶには低い気もしますが、やっぱり気持ちが良いものです。
この奥に見える山が、三毳山で一番高い青竜ヶ岳(229m)です。
今回は時間の関係で青竜ヶ岳の方には行きませんが。
008 17.02.16 みかも山冒険他 017 中岳山頂.jpg
三毳神社の案内が出てきました。
ひと安心です。
010 17.02.16 みかも山冒険他 019 ハイキングコース.jpg
小ピークからの下り道。
岩場で足元が悪いだけでなく、枯葉が浮いていて滑りやすいので注意です。
011 17.02.16 みかも山冒険他 022 岩.jpg
こんな立派な岩がゴロゴロしてます。
また、そこに生えて生きる木々の強さ。
013 17.02.16 みかも山冒険他 026 突如として視界が開ける.jpg
さっきの下りを抜けると、突如として視界が開けます!
下りで走ったりするとマジで危ないですね(;゚Д゚)
012 17.02.16 みかも山冒険他 025 展望.jpg
柵も何も無く、ものすごい開放感の眺望です。
ホントまっ平ら(笑)
足がすくむようでした(~_~;)
今、家の机でブログを書いていても少し恐怖を感じます←
014 17.02.16 みかも山冒険他 028 パラグライダー場.jpg
ハング・パラグライダーの滑空場なんですね。
何か簡単にでも柵を作っておいて欲しいものです。。
怖いから写真を撮ったらそそくさと退散すると、また森の中に入る道がありました。
015 17.02.16 みかも山冒険他 032 霊気の林.jpg
さっきまでは、常緑の木があっても葉の緑がくすんでいる感じだったのに、この森はあきらかに今までの森とは空気が違って葉が青々としてるんですΣ(・ω・ノ)ノ!
何というか、霊気を感じました。
016 17.02.16 みかも山冒険他 033 三毳神社.jpg
やっぱり。
神社が見えてきました。
ここが三毳神社なんですね。
017 17.02.16 みかも山冒険他 037 三毳神社.jpg
ひっそりと質素な感じの社殿でしたが、見晴らしの良い南を向いていて、今までに経験がそんなに無い感じの清々しい気が流れていました。
初めてのお参りなので挨拶をして。
下界の雑気が微塵も無く、心地良い風に吹かれて背中に太陽光を受けながら参拝していると、まるであの世にでもいるような不思議な気持ちがしてきました。
018 17.02.16 みかも山冒険他 038 空に落ちそうな.jpg
南を見ると、こんなに視界が開けています。
場の気が強いんでしょうか?
何というか、上に引っ張られる感じがして「空に落ちる」ような怖い感じを受けました。
この階段、何かに似ていませんか?
そう。「耳をすませば」の、雫が駆け下りていく階段っぽいですねw
実際のモデルは多摩市聖蹟桜ヶ丘付近なので場所は全然違いますが(笑)
019 17.02.16 みかも山冒険他 040 三毳神社の階段.jpg
その階段を降りて振り返って驚愕。
見てしまったら心が折れそうです(爆)
しかもこの下にずーっと階段の続きや石段があるんです\(◎o◎)/!
020 17.02.16 みかも山冒険他 041 七曲がり.jpg
そこを通るのは嫌だったので(笑)、舗装路の七曲がりの坂を歩いて行くことに。
車で登れそうに見えますが、一般車両は乗り入れ禁止になっています。
下り坂でも地味にキツいですね。
ブレーキかけながら歩くので、膝にきます。
トレッキングポールは必要ですね。
021 17.02.16 みかも山冒険他 043 アジサイの路.jpg
七曲がりの坂をかなり降りてくると、東口広場に続く舗装路(アジサイの路)が見えてきました。
とちぎ花センターの文字を見て安心感が湧いてきます。
022 17.02.16 みかも山冒険他 044 三毳神社の参道.jpg
これが、南口広場から三毳神社へ疲労度は度外視で最短距離で行ける階段と山道です。
実際は、まだまだ下から続いてるんですが(爆)
023 17.02.16 みかも山冒険他 045 石.jpg
山の斜面には石が露出しています。
そんなに綺麗な石は無いですね。
024 17.02.16 みかも山冒険他 046 最初の階段.jpg
だいぶ歩いて、最初に登ってきた階段が見えてきました。
この階段を登らなくても三毳神社へは行けるけど、山道も楽しかったので◎
025 17.02.16 みかも山冒険他 048 花センターが見えてきた.jpg
なだらかな下り坂をずっと歩いて、建物が見えてきました。
東口広場の建物です。そして花センターも!
026 17.02.16 みかも山冒険他 052 公園の池.jpg
広場の池では水鳥たちが戯れています。
ホッとしました(#^^#)
027 17.02.16 みかも山冒険他 053 中岳.jpg
振り返ると、さっき登ってきた中岳山頂に太陽がかかってます。
028 17.02.16 みかも山冒険他 054 石.jpg
緑の相談所というインフォメーションセンターに立ち寄ってみました。
みかもの自然の写真展などが開催されています。
山の石の説明もありました。
凝灰角レキ岩(通称:岩船石)という石なんですね。
足利の大小山にもこんな感じの石がゴロゴロしています。
029 17.02.16 みかも山冒険他 056 とちぎ花センター.jpg
見慣れた駐車場を通って、せっかくなので最初に来た東山道を通ってから、とちぎ花センターへ戻ることに。
030 17.02.16 みかも山冒険他 057 大花壇と青竜ヶ岳.jpg
無事に行ってこれて良かったヽ(^。^)ノ
200mくらいの山であっても、無事に越したことは無いですからね。
この大花壇の後ろに見える山が青竜ヶ岳です。
031 17.02.16 みかも山冒険他 062 春のフラワーアレンジメント展.jpg
大温室に行き、報告というか挨拶をして(笑)
企画展を見て疲れを癒すことに(^-^)
春のフラワーアレンジメント展が開催されています。
どこか秋っぽい感じもしますが。
032 17.02.16 みかも山冒険他 068 春のフラワーアレンジメント展.jpg
033 17.02.16 みかも山冒険他 069 春のフラワーアレンジメント展.jpg
自分ではやらないけど、やっぱりこういうのがあると良いですね
すごく歓迎ムードです(≧▽≦)
034 17.02.16 みかも山冒険他 071 ユーチャリス.jpg
温室の中では、ユーチャリスという植物が白いキレイな花を付けていました。
香りもすごく良くて、ジャスミンをもっとシャープにしたような清々しい香りです。
035 17.02.16 みかも山冒険他 074 アロエの花.jpg
砂漠のフロアでは、アロエの花が咲いています。
036 17.02.16 みかも山冒険他 076 フラワーバレンタイン.jpg
過ぎてしまったけど、バレンタインのフラワーアレンジも

不思議な木の実展は、まだ開催されています(・ω・)ノ

入口に置かれているこの額入りの写真。
037 17.02.16 みかも山冒険他 080 温室内の写真.jpg
このブログの読者なら見覚えないですか?
僕が温室内で撮って、プレゼントさせてもらったものです(^ω^)

三毳山冒険。楽しかったです\(^o^)/
まだまだ知らないところばっかりで、ますます興味が湧いてきました。
うちから近いし、気軽に山歩き出来るのが良いですね。
次は青竜ヶ岳の登頂を目標に、また来てみましょう

三毳神社参道の果てしない階段が結ぶもの。
後で調べたところによると、山の上にあった社は三毳神社の奥社で、三毳神社の本社は南口広場付近にあるようです。
つまりその裏からずっと山の上まで続いているということのようですね。。。
posted by 和希 at 15:41| 埼玉 ☔| Comment(0) | お出掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

誕生日プレゼント☆

遠方から、友達が誕生日プレゼントを持って遊びに来てくれました
僕が途中で仕事が入ったりして慌ただしかったですが、久しぶりに会って、会話が弾みました(^O^)
17.02.13 003 誕生日プレゼント.jpg
手作りしてくれた布のポーチを何枚も頂きました
タブレットを入れたり、ブレスレットを入れておくのにとても重宝してます(^-^)
17.02.13 007 白檀の数珠.jpg
白檀の数珠も頂きました。
さすが本物ですね。擦ると白檀の良い香りがします
あまり首にかけるのは良くないのかどうなのか…?ですが、首飾りにしてます(^ω^)
般若心経のひとつも唱えられるようにしないと←
17.02.13 006 ルージュ・ルージュ・ルージュ.jpg
僕の大好きな銘柄のワインも頂きました🍸
ただ甘いだけのワインじゃなく、しっかりした味わいの赤です
今年もたくさんありがとうございました<(_ _)>

そして一昨日の2月15日。
17.02.15 012 月と木星の接近.jpg
月と木星が見かけ上かなり接近しているのを見ることが出来ました
月の対角に小さな点が見えると思いますが、それが木星です。

占星術的に言うと、
第12ハウス。天秤座宮にて月と木星のコンジャンクション。
詳しい意味合いは、まだ勉強不足ではっきりとは言えません(;O;)
posted by 和希 at 22:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする