2017年04月28日

移ろう田んぼ 〜 レジャー気分の田植え♪

今年も、田植えの季節に。。
17.04.13 001 耕耘前.jpg
4月上旬。
冬の間、眠りについていた田んぼに草が目立つように。
17.04.13 003 耕耘後.jpg
田植えに向けて、念入りに耕して目覚めさせました。
17.04.16 001 元肥.jpg
その後は元肥撒き。
17.04.16 004 元肥撒き.jpg
トラクターの後ろに、肥料撒き専用のアタッチメントを取りつけて撒き散らすわけ。
綺麗に整地した圃場にタイヤ痕を付けて回るワクワク感o(^-^)o
17.04.22 001 代掻き前.jpg
水路に水が来たら、田んぼにひき入れて次の作業。
17.04.22 002 代掻き後.jpg
代掻きはやっぱり難しいですね。
どうしてもうねりが出来てしまう(;´Д`)
もしかしたら、深く掻き過ぎたのかも知れません(汗)
17.04.24 008 伸びる苗.jpg
その間にも稲の苗はグングン生長して、タイムリミットが迫っていました。。
17.04.25 007 田植え成功.jpg
田植え。
今年はありがたいことに友達が手伝ってくれることになって、初めての試みにo(^-^)o
17.04.25 003 田植え成功.jpg
急がず余裕を持っての作業にして、レジャー気分で楽しいうちに無事に終わって良かったヽ(^。^)ノ

稲刈りも一緒に出来たらいいな
ちなみに僕が田植え機に乗っていると、子供が遊園地の乗り物に乗っているみたいに見えるそうです(笑)
posted by 和希 at 21:28| 埼玉 ☔| Comment(2) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

信州日帰り旅 2017春

木曜日は、久しぶりに長野の友達の所へ遊びに行ってきました
001 17.04.20 信州日帰り旅 002 佐久平駅ホームにて.jpg
水星逆行中の影響なのか、大宮駅で新幹線乗り場に向かうのに埼京線の方に降りてしまったり、あり得ないミスを繰り返しながらなんとか佐久平駅に到着💦
小海線を待ちながら。遠くに見える山は八ヶ岳でしょうか?
002 17.04.20 信州日帰り旅 008 小海線の車窓から.jpg
この時乗った小海線は1両編成でした。ディーゼルエンジンで走っているので、さながら車です。
間もなく、車窓からは浅間山がくっきりと。
駅に着いて友達がお出迎え。
いったんお店に戻ってお茶を飲んだりしながらお土産の交換とかして。
031 17.04.20 信州日帰り旅 098 クリスタルシェル.jpg
貝化石が水晶(メノウ)化したものや、
032 17.04.20 信州日帰り旅 101 頂いたブレスレット.jpg
エレファントスキンジャスパーと、蛇紋岩のブレスレットを頂いてしまいました<(_ _)>
さっそくブレスレットを装備して出発です
003 17.04.20 信州日帰り旅 016 山と川.jpg
車の窓から流れる景色は、平地で生活している僕にはどれも新鮮なものばかり✨
004 17.04.20 信州日帰り旅 017 気になった山.jpg
これは何て言う山でしょうねぇ??
005 17.04.20 信州日帰り旅 024 生島足島神社.jpg
走ること30分くらい。
最初の目的地、生島足島神社に到着しました。
006 17.04.20 信州日帰り旅 025 生島足島神社.jpg
堀に囲まれていて、水に守られているのか、とても清浄な気に包まれていました。
お参りして、おみくじを引いたら末吉と。
でも信憑性がありそうで安心しました(^ω^)
恋愛は、あきらめなさい とww
これもまた気持ちがスッキリして晴れ晴れしました(爆)
007 17.04.20 信州日帰り旅 027 生島足島神社の鳥居.jpg
神社を後にして大鳥居を潜り、次の目的地へ。
008 17.04.20 信州日帰り旅 028 鴻ノ巣.jpg
僕がリクエストしていた、上田市の鴻ノ巣という場所です。
ここから見るだけでは単なる丘のようですが、これがすごいらしいのです。
009 17.04.20 信州日帰り旅 033 鴻ノ巣.jpg
かろうじて遊歩道があるので、友達の後をついて分け入ってみると、石というよりも小砂利の壁が立ちはだかります。
010 17.04.20 信州日帰り旅 037 鴻ノ巣.jpg
文字通り、異空間。
011 17.04.20 信州日帰り旅 039 谷間.jpg
こんな谷間にも分け入ってみました。
小砂利に足を取られて狼狽しながら。。
012 17.04.20 信州日帰り旅 043 今にも崩れそう.jpg
見上げれば、今にも崩れそうな崖。
無数の縞々がキレイです。
こういう木々の生命力は素晴らしいものがありますね。
013 17.04.20 信州日帰り旅 044 鴻ノ巣.jpg
時おりトビや野鳥の鳴き声がするくらいで、あたりを静寂が包んでいます。
ホントに何も音がしない……!
危なっかしい崖を伝って、なんとか下山しました。
この突き出た突端には行かないほうがいいかも知れないです。
まだ賽の河原に行くのは早いでしょう(笑)
014 17.04.20 信州日帰り旅 048 鴻ノ巣.jpg
いやぁ、想像していたのを遥かに超える異空間でした。
かつて海底だった場所が隆起して出来た山のようですが、まるで別の惑星にいるような気持ちにさせられます。
015 17.04.20 信州日帰り旅 049 車窓から.jpg
冒険の後。
お腹も空いて、道の駅でお昼に🍴
雷電くるみの里
くるみがタレに入っている豚カツ定食を食べて、お土産を見て回りました。
016 17.04.20 信州日帰り旅 051 コーヒーにゃん.jpg
脂系の後なのでガッツリとコーヒーが飲みたくなっていると、コーヒー自販機に猫の写真(笑)
食後。次の目的地へ。
017 17.04.20 信州日帰り旅 054 コブシやレンギョウ.jpg
街路樹のコブシやレンギョウが花盛り
018 17.04.20 信州日帰り旅 080 懐古園.jpg
次に向かったのは、懐古園。
桜の時期に来るのは初めてなのです(*'ω'*)
019 17.04.20 信州日帰り旅 066 懐古園の桜.jpg
石積みに登ると、桃源郷のような桜の空が
020 17.04.20 信州日帰り旅 069 石垣の松と桜.jpg
昔の人たちも、こうして同じ春を見ていたのでしょうか。
021 17.04.20 信州日帰り旅 071 桜を見降ろす.jpg
石積みの淵まで行けないビビり←
022 17.04.20 信州日帰り旅 074 石垣と桜.jpg
苔むした石積みと桜が、
時の流れと、変わらないものとを表しています。
023 17.04.20 信州日帰り旅 059 懐古園.jpg
水ノ手の方に行ってみます。
024 17.04.20 信州日帰り旅 056 懐古園から眺める千曲川.jpg
水ノ手からの眺め。
千曲川にかかる堰からの水の音が響いていました。
025 17.04.20 信州日帰り旅 082 浅間山・千曲川・桜.jpg
時間が迫ってきて、懐古園を後にしてぐるっと反対側に向かう途中。
浅間山が良く見える場所に停車。
眼下には千曲川。
026 17.04.20 信州日帰り旅 088 浅間山・千曲川・桜.jpg
いつ頃誰が植えたのか、大きな桜の木が何本もあって、今を盛りと花を付けています
道路際で人知れず咲いている感が素敵です。
027 17.04.20 信州日帰り旅 092 向こうに懐古園.jpg
そこから下って。
東電の施設に寄りました。
さっき懐古園の水ノ手展望台から見えていた場所です。
勢い良く流れる水がごうごうと音を立てている上を、メカメカしい橋が渡してあって通れるようになっています。
あのダムのような川にかかる橋が小学校の通学路になっているというのが驚き
空中通学路ですね。
増水時には絶対に通りたくない(爆)
028 17.04.20 信州日帰り旅 093 向こうに懐古園.jpg
さっきは向かいの懐古園でこちらを見ていました。
さっき自分たちがそうであったように、向こうからこちらを見ている人もいるわけですね。
もし、もう1人の自分がいて、入れ子になっていたらどうしますか(=゚ω゚)ノ

そんなこんなで、時間はあっという間に過ぎて、名残惜しいですが帰りの時間に。
天気も良くて、桜も最高に見ごろ
バタバタしていた時期でしたが、思い切って行く決断をして良かったです
今回も色々とありがとうございました<(_ _)>
029 17.04.20 信州日帰り旅 094 帰りの新幹線の車窓から.jpg
帰りの新幹線で見た浅間山。
ウトウトしながら、回想に(_ _)

今回の荷物は前回ほど重くないのでラクでした(爆)
030 17.04.20 信州日帰り旅 096 真田丸.jpg
無事に帰宅して、夕飯には、道の駅で買ってきた真田丸をごはんと一緒に食べることに。
油がほとんどなくサッパリしていて、昔風な味で美味しいです。
真田丸のオープニングテーマ曲を流しながら食べるのもやってみました(#^.^#)
posted by 和希 at 11:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | お出掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

渡良瀬遊水地 春の植物観察会2017.4月

渡良瀬遊水地の植物観察会に参加してきました。
001 17.04.19 渡良瀬植物観察会 069 北エントランスから.jpg
ヨシ焼きから1ヵ月。
緑が蘇りつつあります。
002 17.04.19 渡良瀬植物観察会 072 北エントランスから.jpg
北エントランス土手からの眺め。
ずっと佇んでいたいような気持ちにさせてくれる美しい眺めです。
土手を挟んで広がる、全くの別世界。
003 17.04.19 渡良瀬植物観察会 066 蘇る緑.jpg
集合場所に向かう途中、草原を真っ直ぐに走る道路に車を停めて。
綺麗だとか広大だとか、そんな概念は必要無くなり、これはアートです。
004 17.04.19 渡良瀬植物観察会 001 コブシの木.jpg
集合場所の子供広場に到着。
たくさんの参加者が集まっていました。
3月に花が咲いていたコブシの木も、今ではもう青々とした葉を広げています。
005 17.04.19 渡良瀬植物観察会 006 子供広場.jpg
ヤナギの木も、軽やかな葉をそよがせて。
006 17.04.19 渡良瀬植物観察会 007 コナラ.jpg
広場にあるコナラの木。
ヨシ焼きの炎を浴びてダメージを受けながらも、懸命に芽吹いています。
007 17.04.19 渡良瀬植物観察会 010 役場跡.jpg
旧谷中村役場跡の方に向かいます。
それにしても美しい芽吹きの緑
008 17.04.19 渡良瀬植物観察会 012 トネハナヤスリ.jpg
ヨシの茂みの足元を見ると、スプーンを刺したような不思議な葉っぱたち。
トネハナヤスリといって、とてもレアなシダ植物です。
これであと少し大きくなって胞子茎を伸ばすくらいで、ほんとこのままの姿で生活しているそうです。
009 17.04.19 渡良瀬植物観察会 014 クヌギとオニグルミ.jpg
役場跡横を見上げれば、クヌギとオニグルミの新緑のコントラスト
010 17.04.19 渡良瀬植物観察会 027 ヨシ原.jpg
役場跡横の道を進むと、一気に視界が開けます\(^-^)/
011 17.04.19 渡良瀬植物観察会 031 ヨシ原.jpg
それにしても、見事にヨシ焼きが行われたんですね。
012 17.04.19 渡良瀬植物観察会 015 ノウルシ.jpg
役場跡の塚。裏に回ると、ノウルシの群生地があります。
この位置からでもノウルシの花の独特の匂いが漂ってきます。
013 17.04.19 渡良瀬植物観察会 023 ノウルシ.jpg
花には蜂や虻をはじめとして、小さな虫たちが沢山集まってきていました。
あのギラギラした刺激臭を放つ花の蜜が、果たしてどんな風味なのか…?
毒草なので、食べたり舐めたりしないように(笑)
014 17.04.19 渡良瀬植物観察会 017 ノウルシ.jpg
芽吹きの時期は、どこを見ても絵になりますね。
015 17.04.19 渡良瀬植物観察会 037 湿地.jpg
このノウルシたち。
ヨシが生長して自分たちが覆い隠される頃には、もう種を作って枯れてしまいます。
ヨシ焼き後に真っ先に芽を出して花を咲かせるノウルシ。
実に良く出来たシステムだと思います。
016 17.04.19 渡良瀬植物観察会 044 ヨシ原.jpg
役場跡の塚からの眺め。
017 17.04.19 渡良瀬植物観察会 042 ヨシ原.jpg
美しくて言葉が追い付かないですね。
018 17.04.19 渡良瀬植物観察会 054 ヨシ原.jpg
歩きながら観察会は続きます。
019 018 17.04.19 渡良瀬植物観察会 052 スギナの山.jpg
かつて住居跡だったこの塚は、一面がスギナに。
庭や畑では厄介者のスギナも、こうして見ると美しいですね
空の青とスギナの緑のコントラストが何とも言えないです。
020 17.04.19 渡良瀬植物観察会 050 ヨシ原.jpg
どこを見ても、新たな芽吹き
021 17.04.19 渡良瀬植物観察会 060 アリアケスミレ.jpg
地面には楚々と咲くスミレ。
アリアケスミレという種類だそうです。
022 17.04.19 渡良瀬植物観察会 058 子供広場.jpg
本来は一面が芝生だった子供広場。
今では草が入りこんでお花畑のようになってしまっていますが、これはこれでキレイです
023 17.04.19 渡良瀬植物観察会 064 解散後の子供広場.jpg
そのお花畑を歩く贅沢(^-^)
蘇る緑。植物の息吹を感じながらの2時間の観察会でした。

車で30分圏内にこんなオアシスがあるのがありがたいです。
また次回の観察会にも参加しましょう(^o^)/
posted by 和希 at 21:01| 埼玉 ☔| Comment(2) | 渡良瀬遊水地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする