2018年03月17日

昭和への思慕の念。その壱

思った。

昔は連絡は手紙や黒電話で間に合っていたのに、
現代の、友人間等での毎日のラインやメールのやり取りって本当に必要なこと?

そんな緊急性のある連絡が、四六時中あるんですか?

自分もその一人ではあるけど、人がスマホとかいじってるのを見ると寂しい気持ちが起こりますね。

人前ではなるべく触らないし見ないように心掛けているけど。

僕らが学生の時にはスマホやタブレットが無くて本当に良かった。


それとテレビ。

見なくなったというよりも、“見れなく”なった。
とにかく不快なの。
あれは、民衆を俗な次元に留めておくための撒き餌なんです。
上に上がって来られないように。

流行りもの、新しいものを追わない、知らないことで得られる幸せ。
情報を入れないことで初めて得られる、自分だけの豊かな時間。
posted by 和希 at 20:41| 埼玉 ☔| Comment(2) | 哲学・信念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

まるでナウシカの世界

3月のある日。
茨城コースへドライブ

まず最初に一言主神社に寄ってお参り(^人^)
001 18.03.01 004 御神木.jpg
暖かくなり、御神木にも緑が蘇り始めました
002 18.03.01 002 カメムシ.jpg
その御神木に、ハートマークの付いたカメムシが
003 18.03.01 005 境内の森.jpg
境内の森。
004 18.03.01 008 杉の木.jpg
杉の木が何本も生えています。
僕は杉花粉と仲良くしているので、杉とハグしてきました
005 18.03.01 011 凛として.jpg
凛として清々しい森林浴が出来ました

お次は、茨城県自然博物館へ
006 18.03.01 013 変形菌展.jpg
今回の企画展は、なんと、変形菌です
不思議なイラストと写真の入り口から中へ。
007 18.03.01 016 変形菌展.jpg
大きなアリもいて、まるでナウシカの腐海の森!
ジクホコリという変形菌の超拡大模型だそうです。
これは塗装したのではなく、こういう金属光沢を持っているそうです。
008 18.03.01 018 変形菌.jpg
これでもまだ拡大模型ですが、イメージしやすく作られています。
009 18.03.01 019 変形菌曼荼羅.jpg
変形菌曼荼羅。
何とも言えない雰囲気で圧巻でした
010 18.03.01 022 変形菌の妖精.jpg
この子たちは、変形菌の妖精たち
それぞれの特徴をうまく捉えていますね。
011 18.03.01 020 迷路.jpg
変形菌になった気分が味わえる(?)迷路も設置されています。
012 18.03.01 034 迷路.jpg
変形菌の驚異の能力は後ほど(^ω^)
013 18.03.01 024 森の中の変形菌.jpg
変形菌。
聞きなれない単語ですが、野山や雑木林に普通に生息しているみたいです。
014 18.03.01 026 クビナガホコリ.jpg
クビナガホコリ。
015 18.03.01 029 ホソエノヌカホコリ.jpg
ホソエノヌカホコリ。
016 18.03.01 038 ツヤエリホコリ.jpg
ツヤエリホコリ。
この枯葉の上にちょんちょんと生えているのが変形菌です。
017 18.03.01 025 ジクホコリ.jpg
この状態は、胞子を飛ばす段階の、子実体というそう。
018 18.03.01 033 変形菌の生活環.jpg
たった1個の細胞で出来ていて、様々に変形して生活する不思議な生き物です。
移動もします。
019 18.03.01 036 変形菌ギャラリー.jpg
変形菌の写真集。
どれも美しいと思えて、不思議な気持ちになります。
020 18.03.01 037 まるで腐海.jpg
こちらは記念写真のコーナー。
ナウシカの腐海の森です
021 18.03.01 039 変形菌が迷路を解いた!?.jpg
さっき迷路のコーナーがありましたが、
022 18.03.01 040 変形菌が迷路を解く!.jpg
驚くなかれ。変形菌は迷路の最短距離を導き出してしまうという。
入口と出口にそれぞれ餌を置き、変形菌を迷路の中にバラバラに置いておくと、次第に広がって繋がり合い、最後は入口と出口を繋ぐ最短距離のルート上に吸収されて一本になってゆくという。
脳らしき組織は無いというからそれが驚きです(゜-゜)
023 18.03.01 045 ナウシカ原作.jpg
思った通り。ナウシカの展示がありました(^ω^)
024 18.03.01 043 ナウシカと変形菌.jpg
原作は読んだことないけど、変形菌も出てくるんですね!
025 18.03.01 044 ナウシカと変形菌.jpg
原作コミック。気になりますね(^-^)

不思議な森を抜けて、次は野外施設を散策。
026 18.03.01 049 野外施設の梅.jpg
白梅から漂う早春の香り
少し歩いて森の中に入ってみたところ、
027 18.03.01 050 これも変形菌?.jpg
これは変形菌じゃないですか??
028 18.03.01 052 これも変形菌?.jpg
これも変形菌?
今度行ったら、博物館の人に訊いてみようo(^-^)o

新しい発見を胸に、無事帰宅
029 18.03.01 053 神社の園芸店で買った植木.jpg
一言主神社に来ている園芸屋さんで買った植物(福袋)をお店に飾りました
posted by 和希 at 20:57| 埼玉 ☔| Comment(2) | お出掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

ケーナ教室に本格的に入門♪

2月のある日。
とうとうRenケーナ教室に入門しました
001 18.02.22 001 ケーナ教室入門.jpg
ドキドキの1日目は、教材を買ったり説明を受けて。
各自が、Ren先生の作ったケーナを使えるようになります(^-^)

普通だと1日目は、音が出せれば上出来なんでしょうけど、僕がかなり吹けてしまったので、いきなり5日目の内容にまでジャンプしたりして(笑)
4ヵ月やっておられる生徒さんと互角レベルw
1時間のレッスンはあっという間で、最後にRen先生が1曲吹いてくれました。
002 18.02.22 002 歴代ケーナ.jpg
家に帰って、歴代のケーナを並べて見ました。
左のは、興味半分で買ってみたプラスチック製のケーナです。
加須の市民プラザで、別の先生が無料の講座をやってくれた時、2日目までお世話になったケーナです。

真ん中のは、竹製のケーナが欲しくなって、柏屋楽器さんで取り寄せてもらったケーナです。
無料の講座の3日目と最終回の4日目にお世話になって、ケーナの楽しさを教えてくれた一本です。

そして右の白っぽいのが、Ren先生が手作りされたケーナ。
値段も桁違いですが、さすが性能が素晴らしいですね。
教室で、付いてしまった自己流のクセを指摘されてそれを直すのに苦心しました。

そして25日。
Renさんのケーナコンサートを聴きに、下野市に行ってきました
003 18.02.25 001 グリムの森.jpg
石橋グリムの森です。
004 18.02.25 003 グリムの館.jpg
こちらがグリムの館。
ほんとメルヘンチックで、これは良い感じの建物でした
18.03.07 002 プログラム.jpg
受付をすると、すでにかなり大勢の人たちが来て並んで、ホールが開くのを待っていました。
18.03.07 001 プログラム.jpg
ここには書かれていない曲も演奏してくれました(^-^)
どの曲も、とても良かったですね
やっぱり、習っていて聴くと、より深く楽しめる感じです。
005 18.02.25 005 サイン.jpg
帰りのサイン会で、僕は早速ケーナにサインしてもらいました(^-^)
これで練習にも身が入ります。

そして先日、ケーナ教室2日目。
この日は最後に、初級の人も、みんなの前で簡単な発表があって、僕にとっては初の発表となったわけですが、チューリップやカッコウといった簡単な曲で良かったんですが、自分で練習していた「もののけ姫」を披露してしまいました(^ω^)
まぁ緊張してテンポも乱れてるし、音間違いもあったけど、中級の人たちにどよめきが起こったという、思い出の日です♪
この調子で、どんどん楽しんじゃおう!
難しいのはテンポですね〜。
posted by 和希 at 18:34| 埼玉 ☔| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする