2013年11月09日

DIYでプチリフォーム

出来ることから少しづつ、メルヘンでカントリー調な雰囲気を目指して模様替えしてるお店ですが、昨日はお店の玄関を生まれ変わらせました(^-^)/
完成画像は最後の方にぴかぴか(新しい)

創めた頃の予算の都合上、高価なカウンターは買えなかったので、カラーボックスを2つ並べて上に板を留めて、玄関に向く裏面には木目模様の薄いべニア板を貼っただけの簡素なものでした。
なので、手すりを付けるには板の強度が不足し過ぎてました。。
13.11.08 001 お店の玄関.JPG
色々な紙とかを貼ったりした跡が懐かしいですね。。
見納めなので、大きめの画像を撮っておきました(笑)
正確に芯の真ん中辺りにネジを入れるために板を剥がす必要があったのです(^-^)b
13.11.08 003 お店の玄関 剥がし後.JPG
頑丈なナイフで板を端から剥がしていきました。
この枠の部分は、今度の新しい板を張る時に芯にするので、傷つけないように慎重にカンナとか使って接着剤は出来るだけ薄く平らに削って。。
13.11.08 005 杉板乾燥中.JPG
今度、壁として使うのは、前回の本箱でも使った1820×150×14の杉板3枚です。
カントリー調の家の白壁に憧れて、ミルキーホワイトのペンキで塗りましたアート
木目のキレイな板を選んだので、木目が見えるようペンキもあまり厚塗りにならないように気を付けました。
塗装後、しばらくは板に触れないので、その間に畑のナスとかピーマンとかの夏野菜を引き抜いてマルチも剥がして片づけたりして(^o^;)

畑作業が一段落して、薄暗くなってきたので戻ると、板は触れるくらいにペンキは乾いてましたグッド(上向き矢印)
いよいよ本格的に作業開始p(^-^)q
13.11.08 008 張りつけ開始.JPG
ネジを入れたら割れてしまいそうな芯でしたけど、ドリルで軽く穴を開けてからネジを入れたら大丈夫でしたひらめき
とりあえず1枚張ってみて様子を見ましたが、予想以上にイイ感じでしたぴかぴか(新しい)
あとは同じ要領で一枚一枚張ってネジで留めていきます。
久しぶりの大掛かりな図工なので大変でしたがワクワクしましたよ(^^♪
中学時代に、技術の授業で伊達に5もらってないです!←
13.11.08 013 作業終了.JPG
夕飯を挟んで、21時過ぎだったでしょうか、ひとまず昨日の計画は無事にうまくいきましたヽ(^。^)ノ
とても雰囲気が変わったことに自分でも感動ぴかぴか(新しい)
13.11.08 015 残骸.JPG
切れ端とおが屑・カンナ屑。。ひと仕事終わった画です(笑)
刃が決まったカンナは磨き心地が気持ちいいです。

そして今日。
お店の玄関。手すり設置。.jpg
手すりと、靴ベラを掛けるフックを付けました。
手すりは思わず回してしまいたくなるような形ですが、生活感があるイカニモ手すりっていうようなものは嫌だったのでww
手すりは箱の内側からもう一枚、残った板でネジを受け止めているし、箱は太いネジで床とガッチリ留まってますから強度あります。
靴ベラを掛けるフックも、なるべくカントリー調のものを探しましたo(^-^)o
ペンキの臭いも、一晩経ったらほとんどしなくなりました。
これで気持ち良くお客さんを迎えられそうです手(チョキ)

それにしても、ここまでやろうっていう気持ちになったのは自分でも驚きですw
やっぱり、リコーダーがカントリー調で可愛い、栗コーダーカルテットのCDを買って聴いたのが大きいですね犬
posted by 和希 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック