2015年02月25日

ジャガイモの植え付け2015

明日は雨とのことで作業は出来ないし、これから忙しくなる前に、ジャガイモの種イモ植え付け作業しました。
15.02.25 003 柵切.jpg
冬野菜を抜いた後、何回も何回も耕して植え付け準備しておきましたので、サラサラ・フカフカの土です。
だいたいに線を引っ張って、柵を切ります。
15.02.25 001 キタアカリ種イモ.jpg
キタアカリは6s
切ってみると、いかにも美味しそうな芋ですけど、種イモは消毒がしてあったりするので食べるのは御法度です(・ω・)ノ
15.02.25 002 藁.jpg
切り口に付ける灰を、藁で作ります。
15.02.25 005 灰.jpg
酸素と炭素に激しく化合してもらうこと数分。
炭に近いような灰が出来上がりました。
まだ熱いので、鍬で潰したりかき回して冷まします。
15.02.25 006 種イモ.jpg
スタンプを押すみたいにポンポンやって、切り口に灰を付けます。
本当は園芸店で専用の粉を売ってるんですが、まぁこれでも大丈夫です。
問題なのは、収穫時期の雨の具合です!
15.02.25 007 植え付け.jpg
だいたい1フィートくらいの間隔で置いていくと、たっぷり3列使いました。
結構広く取っておいたけど、目一杯でしたね(^-^;)
実はこれでも何個か種イモが残ってしまいました。
とても小さい種イモだったので、切らずにキープしてあります。
15.02.25 009 元肥.jpg
種イモと種イモの間に、ペレット状の有機肥料を撒いて元肥にします。
肥料が芋に触れないように注意。
15.02.25 010 完了.jpg
薄暗くなってきたけど、土をかぶせて均して作業終了ヽ(^o^)丿
去年はちょっと高畝になってしまって、後の土寄せがやりづらかったので、今年は高畝にしませんでした。
列の間が空きすぎたかなと思ったけど、葉も伸びてくるし、後の作業のことも考えたら、このくらい空いてた方がイイかもですね手(チョキ)

残った小さい種イモは、隣の芽キャベツとかが終わったら、その後に植えてみましょう。
こちらは、切った場合と切らない場合の違いを検証するために、そのまま植えてみます。

また夏に、運びきれないほど沢山収穫出来るとイイな(*^^)v
posted by 和希 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。