2016年10月13日

2016年10月 渡良瀬植物観察会。

昨日は午前中、渡良瀬遊水地の植物観察会に参加してきました(^-^)
前回は、とてもとても蒸し暑かった9月の日。
あれから早くも1ヵ月。かなり涼しくなっていました
001 16.10.12 004 ワタラセツリフネソウ.jpg
ワタラセツリフネソウは花が終わり、種を作るための実を付けていました。
ホウセンカの仲間だけあって、この実は高度なバネ仕掛け。
触れると突如として炸裂します💣
002 16.10.12 005 ノブドウ.jpg
前回は花ばかりだったノブドウも、実を付けていました。
食べられる実で、意外にも紺色より白い実の方が熟していて美味しいそうです。
003 16.10.12 011 スミレ.jpg
足元にはスミレの仲間。
花が終わり、種を付けているのが沢山ありました。
種が載っている船状の部分が閉じていくと、種に反発力が生まれて、その反発力で種を飛ばすそうです。
その距離なんと1mにもなるそうで、この小さな植物から見たらものすごい移動です。
それ以外にも、スミレの種には蟻が好む成分が付いていて、蟻によって運ばれて行く種も多いようです。
004 16.10.12 012 ツマグロヒョウモン.jpg
スミレの仲間だけを好んで食べるツマグロヒョウモンの幼虫が!
見るのがキツいようなグロテスクな姿ですが、これは蛾ではなく蝶になります。
毒も無いようですが、これは驚きますね(*_*)
005 16.10.12 014 モッコク.jpg
次は池の周辺に移動。
途中、モッコクが実を付けていました。
モッコク。高級な植木です。
006 16.10.12 019 谷中湖.jpg
谷中湖畔に来ました。
草が水没しているのが見えるでしょうか。少し水位が上昇しているようです。
007 16.10.12 015 食い荒らされたヌルデ.jpg
コンクリート護岸を突き破って繁茂したヌルデ。
毛虫(アメリカシロヒトリ)の食害により、何の木だったか分からないほどに葉が食い荒らされて網のようになっていました💦
今年は遊水地内にも明らかに毛虫が多過ぎです。
008 16.10.12 016 ノイバラ.jpg
ノイバラが、初夏に見た火星のような赤々とした実を付けています。
009 16.10.12 023 謎のキノコ.jpg
子供広場の芝生には、謎のキノコ🍄
間違っても手は出さない方がいいですね。
この芝生の広場にも、アメリカシロヒトリみたいな毛虫が這い回っていました(*_*)
木によってはウジャウジャ湧いて、葉が激しく食害されています。
観察会で先生の説明を聞いている間にも、パタパタと落ちてくる毛虫がいました💦
湖畔の舗装路面の方にまで這い出してきています💦
去年はこんなに毛虫いなかったし、今年はかなりの異常事態?
010 16.10.12 026 ヨシとオギ.jpg
谷中の遺跡保全ゾーンは、一面ヨシとオギの大群落です。
011 16.10.12 029 オギとススキ.jpg
ここに、オギとススキが並べられています。

どちらがどちらでしょう?
posted by 和希 at 21:35| 埼玉 ☔| Comment(0) | 植物,樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。