2017年06月21日

珍しいパイナップルの仲間展

ある日。とちぎ花センターへ気分転換に
001 17.06.17 001 三毳山.jpg
道のりは前回の菖蒲町よりもあるけど、道路の交通の流れがスムーズなので速いし疲れないという♪
三毳山は、すっかり夏の装い。
002 17.06.17 002 三毳の森.jpg
とちぎ花センターへ歩いて行く途中に、三毳の森の一部を横切ります。
鬱蒼とした森に様変わり。
003 17.06.17 005 三毳の森.jpg
冬の間もこの看板は出ていますが、夏のこの茂みではリアルにヤバそうなので今回は山には踏み込みません(笑)
004 17.06.17 006 とちぎ花センター.jpg
今回の企画展は、世界の珍しいパイナップルの仲間だそうです。
005 17.06.17 011 企画展・チランジア.jpg
大温室に入ると、さっそく不思議な光景。
浮遊植物が迎えてくれます。
ピラミッドパワーで浮いているのか、はたまた光合成の力で浮く能力を身に付けたのか、、?
いやいや。
ティランジアといって、いわゆるエアプランツの仲間ですね。
これがパイナップルの仲間だとは知りませんでした(゜-゜)
006 17.06.17 012 パイナップルたち.jpg
植え込みの中には、ミニチュアサイズのパイナップルが…!
007 17.06.17 014 花のようなパイナップル.jpg
こちらは、まるで花のような印象ですね
008 17.06.17 017 グズマニアとエクメア.jpg
観葉植物でよく見るグズマニアとエクメア。
カラフルな色合いが楽しいですね。
009 17.06.17 027 希少種.jpg
まるで別の惑星に生えていそうな植物みたいなパイナップルの仲間。
大変な希少種だそうです。
010 17.06.17 032 企画展フロア.jpg
熱帯の森の雰囲気で、夏の時期らしい企画展ですね(^-^)
通路に導かれるように、常設展示の温室内へ。
011 17.06.17 036 ブーゲンビレア.jpg
見上げると、綺麗なブーゲンビリア
012 17.06.17 037 ヒゴロモコンロンカ.jpg
ヒゴロモコンロンカが真っ赤に葉を色付けています。
013 17.06.17 038 オコウチョウ.jpg
見上げると咲いているのは他にも。
オコウチョウというマメ科の植物。
オレンジの花が綺麗ですね
014 17.06.17 040 ジャボチカバ.jpg
ジャボチカバ。
何とも不思議な名前ですが、その生態もかなり個性的。
幹に直接花が咲いて実が生るという。
015 17.06.17 042 アメリカデイゴ.jpg
さっきのオコウチョウに続き、マメ科の花はここにも。
アメリカデイゴというそうです。
花はマメ科の形そのままですね。
016 17.06.17 043 フリーセア.jpg
企画展フロアにもあったのでこれは覚えました。
フリーセア。
まるで塩ビで作られているかのような感触です。
炎属性を持った槍の先みたいで、RPGに出てきそう(笑)
017 17.06.17 045 大花壇と三毳山.jpg
急ぎ足で見てきたけど、今回も良かったです(^-^)
外の鑑賞大花壇には、一面のマリーゴールド
三毳山のパワーを増幅してくれるようです。

秋になったらまた三毳山の冒険ですね
posted by 和希 at 21:10| 埼玉 ☔| Comment(2) | 植物,樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
浮遊する植物と幹に花ができて実がなるのは、不思議だしすごく興味を持ちました。この生態をふかく掘り下げてみたいですね
こういう企画をやってくれると飽きないし、何度も足を運びたくなりますね(^-^)
マムシに注意はマジでヤバいです(゜ロ゜;ノ)ノ(笑)
Posted by ひでっち at 2017年06月25日 20:01
>> ひでっちさん
コメントありがとうございます☆

浮遊する植物は、糸で釣ってありました(笑)
根がほとんど無く、ほかの植物にくっ付いて生きているようです。
熱帯には不思議植物がたくさんありますね。
毎回、楽しい企画展の発想に感心です!

夏の低山はモンスターの宝庫です(笑)
Posted by 和希 at 2017年06月26日 12:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。