2017年08月08日

ヘンテコ植物城の冒険🍀

先週は、久しぶりに三毳のとちぎ花センターへドライブ
001 17.08.03 001 夏の三毳山.jpg
緑燃える三毳の空に広がる夏の雲。
002 17.08.03 004 開園25周年.jpg
ゲートをくぐり、とちぎ花センターへ。
開園25周年だそうです(^^)
003 17.08.03 008 三毳の森.jpg
途中、三毳の森を横切ります。
004 17.08.03 006 森に咲いたユリ.jpg
何という種類か、ユリの花がポツリと咲いていて。
森にはマムシもいるみたいだし、花に惹かれて森に入っていくことはオススメしません。
もしかして、トラップだったりして⁉️
005 17.08.03 012 蓮と三毳山.jpg
森を抜けて園内へ。
ハスと三毳山✨
006 17.08.03 015 蓮.jpg
園内には、大きな鉢に植えられたハスたちも立派な花を付けています
007 17.08.03 019 鑑賞大花壇.jpg
大花壇に植えられた花たちも一新したようですね
三毳山から良い気が流れてきているような気がしました✨
008 17.08.03 025 ヘビウリ.jpg
藤棚のところにはヘビウリが(*_*)
結局食べないし、今年はうちでは栽培しませんでした(爆)
009 17.08.03 026 ヘンテコ植物.jpg
鑑賞大温室の中では、へんてこな植物の企画展が行われています。
昔のドラクエ風に展示をしたのはナイス♪
勇者になって、とちはなちゃんを守りつつ城の奥に無事に連れて行くミッションです。
010 17.08.03 027 ウツボカヅラ.jpg
一問一問、クイズに答えることで戦闘に勝ったことになります(^^;)
011 17.08.03 030 ユーフォルビア・スザンナエ.jpg
おぉ、これは通称・ドラゴンボールという植物ですね( ^ω^ )
012 17.08.03 033 ビカクシダ.jpg
何体かの植物系モンスターとの戦闘の後、ボスが出現します。
013 17.08.03 032 ビカクシダ.jpg
ビカクシダ。
いかにも昔のドラクエのボスっぽい(笑)
普段、大温室内を探検して(勉強して)レベル上げてる人には楽勝ですね(^◇^)
014 17.08.03 034 城内部.jpg
大魔王を倒すと、奥の間への通路が開けます。
015 17.08.03 035 城内部.jpg
ウツボカズラのような不思議なオブジェが現れました。
016 17.08.03 036 へんてこ植物城の王様.jpg
奥にいたのは、なんと王様。
017 17.08.03 037 エンディング.jpg
エンディングタイトル。
宝が用意されているようです。
018 17.08.03 038 イワヒバ交換チケット.jpg
これがそのお宝の引換券ですね(笑)
019 17.08.03 041 ヒドノフィツム.jpg
王の間には、王様のコレクションがたくさん並んでいます。
020 17.08.03 042 ナンジャコレ.jpg
021 17.08.03 052 グリーンネックレス.jpg
022 17.08.03 057 城内部.jpg
城の端まで来て…
023 17.08.03 058 エンディング.jpg
ゲームクリアです( ^ω^ )
次回とか、また続きがあるんでしょうか…??
024 17.08.03 059 鑑賞大温室内.jpg
へんてこ植物城を出ると、大温室に繋がっています🍀
025 17.08.03 060 ミスト.jpg
先ほど、悪に染まった植物系モンスターの魔王を倒しているので、もう安全です( ^ω^ )
026 17.08.03 061 涼しげな花.jpg
何という植物か、楚々として涼しげな花ですね
027 17.08.03 064 温室の空.jpg
天井を見上げれば、夏の雲が見えて外と中の境が曖昧な気持ちになります
028 17.08.03 065 ヒメノカリス.jpg
ユリの仲間でしょうか、こんなカッコいい花びら
029 17.08.03 066 イランイラン.jpg
イランイランの花も咲いていました
030 17.08.03 067 パラグアイオニバス.jpg
少し前、池の中を大掛かりに作業していましたが、こんな見事な水生植物のためだったんですね。
パラグアイオニバス。
031 17.08.03 070 スイセンとパラグアイオニバス.jpg
スイレンもあって、並ぶとその大きさの違いが歴然❗️
032 17.08.03 071 年月.jpg
大温室内のヤシの木
ピンクのテープが貼ってある位置は、開園当時のヤシの木の高さだそうです。
25年間でどれだけ育ったかがリアルに見て取れます。
033 17.08.03 073 砂漠のフロア.jpg
お次は砂漠のフロアへ
034 17.08.03 072 サンセベリアの花.jpg
おぉ、サンセベリアが花を付けていました
初めて見るかも知れないです
これだけ砂漠の環境に近付けないと咲かせるのは難しいんでしょうね。
035 17.08.03 077 涼を楽しむ植物展.jpg
砂漠のフロアを抜けると、涼を楽しむ植物展が開催されています🎐
036 17.08.03 078 涼を楽しむ植物展.jpg
和の植物と、和のしつらえ。
冷やし素麺が食べたくなりました(笑)
037 17.08.03 085 イワヒバ.jpg
温室を出るところで、スタッフの人に王様からもらった札を渡して、お宝をもらいました。
イワヒバという植物です。
これはまだ乾燥している状態でしたが、家に帰ってから水やりして数日経つと、葉が膨らんで青々してきましたよ🍀
posted by 和希 at 17:41| 埼玉 ☔| Comment(2) | お出掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

昆虫展🐞

この前の木曜日は、またまた茨城方面にドライブ
8日から始まった、昆虫の企画展を博物館に見にいくために。

まずは一言主神社へ寄ってお参り(^人^)
001 17.07.13 006 一言主神社・文月月次祭.jpg
文月月次祭を執り行っていたようです。この時はもう終わっていました。
お店も出ていました。
002 17.07.13 005 一言主神社・涼み処.jpg
参道には、おしゃれな凉み処が設置されて。
参拝者への心遣いが素敵ですね。
003 17.07.13 004 一言主神社・境内の森.jpg
心を込めてお参りして、裏の森も散策します。
暑い日だったのに、木漏れ日の下はとても涼しいんです☆彡
嫌なものが離れたようで、おみくじも、とても良い暗示が書かれていて希望が湧いてきました(^o^)

お次は博物館へ。
004 17.07.13 007 昆虫展.jpg
今回の企画展は、昆虫大研究。
005 17.07.13 010 クロオオアリの拡大模型.jpg
展示室前に、クロオオアリの拡大模型が🐜
ここで門番をしているんですね。ヒアリが入って来ないように←
006 17.07.13 011 昆虫展入口.jpg
いよいよ展示室へ。
入り口は、森の中へ入っていく気分にさせる素敵な演出がされています🌳
007 17.07.13 013 昆虫展.jpg
潜って森の中へ🌳
蝶が飛んでいるような標本。これは綺麗です
008 17.07.13 017 昆虫展.jpg
本当に森の中にいるような、しかもストーリー性が感じられる素敵な演出です。
009 17.07.13 016 モルフォ蝶.jpg
モルフォ蝶の標本。
天然でもこんな綺麗な色が出るんですね
010 17.07.13 021 昆虫のグループ.jpg
昆虫は地球上で最も繁栄した生物のひとつ。
現在までに95万種。
500万種を超えるとの説もあるそうです。
それでも、体のつくりから約30のグループ(目)に分けられます。
このキャラも懐かしいですね。
6年前にも昆虫の企画展がありました。
011 17.07.13 026 蝶の仲間.jpg
さっきのパネルから繋がっている色分けされた帯を辿っていくと、そのグループの昆虫に辿り着きます。
ここは蝶
012 17.07.13 024 ミイロタテハ.jpg
ミイロタテハ。
これはオシャレな色合いですね。
013 17.07.13 025 ツマムラサキマダラ.jpg
ツマムラサキマダラという蝶ですか。
こちらはとても上品な色合い。
014 17.07.13 028 甲虫の仲間.jpg
蝶の次は甲虫へ。
いかにも虫といったイメージのビートルたちです🐞
015 17.07.13 027 ニジイロクワガタ.jpg
ニジイロクワガタの標本みっけ!
016 17.07.13 030 クビアカツヤカミキリ.jpg
最近深刻な問題になっている、外来種のクビアカツヤカミキリ。
桜や梅、桃の凶悪害虫です。
天敵がほとんどいないうえに繁殖力も強く、観光名所の桜が枯死するなど、大変厄介なモンスター。
幼虫は木の中に入っているから見つけるのも困難という。。
017 17.07.13 031 トンボの仲間.jpg
次はトンボの仲間。
先日うちの庭でギンヤンマらしき大きめのトンボを見たばかりです✨
018 17.07.13 032 バッタの仲間.jpg
リアル仮面ライダー?
バッタの仲間でしたか(^ω^)
バッタはまだ触れますね(笑)
019 17.07.13 034 セミ・カメムシの仲間.jpg
セミ・カメムシの仲間。
つくりを見るとその通りなんですが、セミもカメムシの仲間だと思うと複雑な気持ち(笑)
020 17.07.13 035 アブラゼミの飛翔標本.jpg
アブラゼミの飛翔標本。
これは見事です
021 17.07.13 043 擬態.jpg
擬態といって、毒を持つ昆虫にそっくりな外見に進化した昆虫たちも。
偶然そんな外見に生まれた種が生き残ってきたということなんですが、何かの意思があったようで不思議です。
022 17.07.13 037 生き虫コーナー.jpg
標本だけでなく、生きた虫も展示されています。
カブトムシやクワガタならいいけど、中には外国の大きなゴキブリもいました(^ω^;)
023 17.07.13 046 パネル展示は続く.jpg
パネル展示は続きます。
024 17.07.13 044 コスタリカの昆虫.jpg
南米コスタリカの昆虫たち。
あれだけの範囲でありながら、昆虫の多様性は世界一だそうですよ。
025 17.07.13 049 観察してみよう.jpg
観察や採集の方法までたっぷり展示解説されています。
027 17.07.13 053 自由研究.jpg
小・中学生の自由研究をはじめ、大人が研究したレポートも展示されています。
これは素晴らしいですよ✨
026 17.07.13 050 ゲンジボタルの光り方.jpg
質問なんですが、ゲンジボタルが東日本型と西日本型で点滅の間隔が違うのは、電源が50Hzと60Hzに分けられているのと関係ありますか?←
028 17.07.13 058 企画メニュー.jpg
昆虫の森で勉強した後は、レストランで企画メニューを食べて🍴
工夫して、蝶に見せているようです
でもサッパリして美味しかったですよ(*´꒳`*)

また時間があるときにゆっくり昆虫の森を探検しましょう🐝
posted by 和希 at 15:43| 埼玉 ☔| Comment(2) | お出掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

一言主神社の七夕🎋

木曜日は、いつもの茨城方面のコースへドライブ
途中。境町の国道354号線、下小橋の信号付近からずっと渋滞が起きていて足止めを食いました。
こりゃ諦めて帰ろうか?とも思いましたが、以前に迂回したことのある道を思い出して、迂回しても渋滞しててダメだったら帰ろうと判断。
迂回ルートには車はほとんど無く、少し走ったところで国道354号線に復帰したところ、見事に渋滞は無いどころか、後続の車もいないというありさまw
迂回大成功(^^♪
我ながら、冴えてましたね
001 17.07.06 033 一言主神社の七夕.jpg
それからは順調に走り、無事に一言主神社に到着です。
002 17.07.06 002 一言主神社の七夕.jpg
見事な七夕の飾り
風で揺れて、涼しげな音がしていました。
迂回ルートを思い出したり閃いたのも、一言主神社の神様が導いてくれたような気がしてなりません。
003 17.07.06 004 一言主神社.jpg
境内は気がキレイで、空気が軽いんです。
004 17.07.06 030 一言主神社の七夕.jpg
今年は夏越祭には参加できなかったですが、まだ茅の輪が設置されていたので気持ちを込めて潜ります。
茅の輪の両脇には七夕飾り。
短冊をかけている方がいました。
無事に来られたことをはじめ、気持ちを込めて参拝しました(^人^)
005 17.07.06 018 境内の森.jpg
本殿裏の森。
とても涼しいです
006 17.07.06 025 境内の森.jpg
ずっと佇んでいたくなるような木漏れ日の美しさ
強い神気に溢れています。
007 17.07.06 039 茅の輪守り.jpg
夏越祭では無償で頂けた茅の輪守。
この日は有料ですが買ってきました。
有料のおかげでまだ残っていたのかも知れません(^ω^)
帰るとさっそく自宅とお店の玄関の茅の輪守を祀り替えました。
邪悪なものを通さない輪◎
008 17.07.06 036 昆虫展準備中.jpg
神社の後は、茨城県自然博物館に。
企画展準備の最終段階でした。
009 17.07.06 038 昆虫展準備中.jpg
この記事を書いたのが9日ですから、すでに始まってますね(笑)
010 17.07.06 037 昆虫展準備中.jpg
昆虫の企画展。
入口の演出も面白くて、夏休みらしいですね
またどんな工夫を凝らした展示なのか、とても楽しみです
posted by 和希 at 21:52| 埼玉 ☔| Comment(0) | お出掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする